留学生の声:文化大学

台湾留学の体験談を、寄せていただきました。みなさんが感じられた台湾留学の様々な魅力を、ご自身でも体験してみませんか?

その他の大学に留学された方の体験談は、コチラから。

一石二鳥!英語、中国語共にレベルアップ!

sanrun5150x150
お名前 桜井有芽子様 年齢(留学時) 25歳 留学校 文化大学
留学期間 1か月 宿泊 アパート ビザ種類 ノービザ

最初は台湾に住む友人を訪ねるのに数日間の滞在を予定していたのですが、突然台湾で「住む」という体験をしてみたくなり滞在を1ヶ月ちょっとに延長しました。そこでただ観光だけに終わらすには長過ぎるその時間をどう過ごそうか考えた時、語学学校に通う事を決めました。最初は英語の学校を探していましたが希望通りの学校が見つかりませんでした。そこで中国語の語学学校を探してみたところ、中国語の授業では英語を使う機会が多く、クラスメイトも英語圏の方が多いと聞き一石二鳥と思い中国語を学ぶことにしました。その選択は大正解でした。結果英語、中国語共にレベルアップに繋がりました。
そして先日約1ヶ月の留学を終え帰国しましたが、この留学が実現できたのはPAPAGO遊学村のエージェントさんに出会えたのがかなり大きかったと思います。
私は入学希望日の2週間程前から学校を探し始めたのでどの学校も当然締め切りは過ぎていて入学が難しい状況でした。そこでダメ元でこちらに問い合わせたところ、すぐに現時点で入学可能であり、私の希望に沿った学校をピックアップして頂きました。こちらのエージェントさんはラインでやり取りが出来るので、メールより気軽になんでも質問ができ、かなりぶっちゃけた質問や要望にもしっかり答えてくれました。ビジネスライクではなく暖かいお返事を迅速にくれます。PAPAGO遊学村さんは台北にオフィスがあり現地で何があった時にすぐ会いに行かれる安心感もありますので台湾に初めて滞在されるという方にもおすすめです。
これから台湾に留学を予定されている方がたくさんの素晴らしい経験が出来ますように、祈っています。

(左:さあ、出発! 右:授業中にパチリ!)
sakurasan

本当に来てよかった!

Jpeg 名前 かおるさん 就学学校 文化大学中国語センター 留学期間 2015年7月から8か月
中国語レベル 初級からスタート 宿泊先 アパート ビザ ワーホリビザ

Q1なぜ文化大学を選んだのですか?
一番の決め手は授業料が他の学校に比べて安かったことです。学校が割りと街の中心にあることも決め手でした。

Q2実際に文化大学で勉強してみてよかった事、わるかった事などありますか?
私はバイトを予め日本で決めていたので、授業が始まる予定だった月より一ヶ月早く入国していたんです。もう受講予約が終了していると思っていたのですが、一か八か学校に直接行って話をしたら運よく次の日から新しい学期が始まるというので入れてもらえました。毎月開講しているので融通が結構利くところがいいですね。あと地下の図書館がすごく綺麗で使いやすいです。軽食なら食べてもいいので昼ごはんを食べながらTOCFLのオンライン練習をしたりしています。
わるかった事は、私の中国語があまりできないというのもあるのですが、事務所の人とあまりコミュニケーションがとれないことです。ボランティアで日本人の方もいらっしゃるのですが、それ以外急な用事などあったときに少し困ります。またアジア、特に韓国の学生が多い気がします。日本人より多いんじゃないかな。前学期のクラスメイトは私を除いて7人が全員韓国人でした(笑)あと大学の中にある訳ではないので大学の付属学校という感じはあまりしません。私は気になりませんが。

Q3授業の後はなにをしていますか?
最初の学期は午後の授業を選択していたので、午前中は家事などを済ませご飯を食べてから学校に行き、授業後はバイトに行くという生活でした。二学期目は午前の授業でしたので、授業後クラスメイトとランチに行ったり学校の図書館で皆でTOCFL の勉強をしたりしました。

Q4中国語の力は伸びましたか?
私は昔々大学の第二外国語で中国語を勉強したのですがそれ以来で中国語はすっかり忘れてしまいました。台湾に来る前に勉強してきたわけでもなく、最初は1人で買い物にも行けないくらいの中国語でした。恥ずかしながら数字もわかりませんでした(笑)その頃なんて今こうして老師や街中で現地の人と話しを出来るようになるなんて思いませんでした。自分から話しかけたり質問が出来て会話が成り立つようになったのは本当に最近です。

Q5台湾に住んで中国語を勉強してよかったことは何でしょうか?
私は外国語を勉強するにはその言語の土地にいって勉強するのが一番習得が速いと思うんです。外国語漬けに成れるからです。そしてもう一つその土地の文化だったり生活を肌で感じることができます。現地の友達ができたり、日々の生活で自分の中国語が通じたとき本当にうれしいですね。本当にきてよかったと思いますよ。