2017年3月29日、PAPAGO遊学村のスタッフが、華語文能力測検(TOCFL)事務局を訪問しまた。

華語文能力測検(TOCFL)は、台湾教育部が実施する非母語話者向けの台湾華語(中国語)検定試験で、外国人の中国語力を判断する公的な基準として、様々な場面で活用されています。台湾では、多くの大学の留学生入試の出願条件になる他、奨学金の申請・審査時や就労ビザを申請する際の加点ポイントにもなります。

当日は、広報責任者の劉玲君様より、同試験ついて詳しくご紹介いただきましたので、ご質問等のある方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。また、ご紹介いただきました内容は、今後、このサイトでも順次公開していきます。

どうぞご期待ください!

2017-03-29 s

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。