学校概要

中国語センターの基本情報

住所 30010新竹市東區大學路1001號
アクセス
情報
・TRA「新竹駅」から①バス「二路」に乗り「交大駅」で下車 ②バス「一路」に乗り「過溝駅」で下車後、徒歩約15分
・高鉄「新竹駅」からシャトルバスあり
開設年 2005年
学生数 約500名
授業時間 9:00~12:00
留学ビザ 9月から1年以上の申し込みで、ビザの申請用入学許可書交付。

国立交通大学の前身は、上海で創設された南洋公学で、1958年に台湾へ移り交通大学となりました。メインキャンパスは新竹市に位置し、その他に、博愛キャンパス、台北キャンパス、台南キャンパスがあります。主にIT分野で有名な理系の大学で、国際化にも重点をおいているので、たくさんの留学生が世界中から集まってきています。
この大学が、外国人留学生や交換留学生の中国語学習のために設置したのが中国語センターです。センターのあるメインキャンパスの緑あふれる広大な敷地内には、癒しのスポットとして有名な竹湖があります。

中国語センターの特徴

  1. IT分野などの理工学部が有名な台湾の難関大学。
  2. 日本人が少ないので、中国語学習に集中できる。
  3. 緑に囲まれた落ち着いた環境で学習できる。
  4. 台湾教育部奨学金が割り当てられている(一定の条件を満たせば申請可能)。

コース・学費

一般中国語コース

  • 授業は春と秋の二回に分けて開講。
  • 春期 2月~6月 、秋期 9月~1月。
  • 1クラスの人数は5~10人。
  • 入門、基礎、初級、中級、テーマ別クラスにレベル分けされています。
コース 料金
一般中国語コース 授業料:50,000台湾ドル
登録料:200台湾ドル

*学費や日程は予告なく変更されることがあります。最新情報は弊社までお問い合わせください。

課外活動

スピーチ大会やカラオケ大会が頻繁に開催されている他、文化体験の課外学習や旅行などの校外学習もあり、留学生同士の交流や、台湾の文化・生活を深く知るよい機会となっています。

申請手続き

申請資格

満18歳以上の方ならどなたでも入学できます。
18歳未満の方も、授業についていけると認められた場合は入学していただけますので、弊社までご相談ください。
ただし、留学ビザの申請は、満18歳以上である(又は高等学校卒業あるいは相等の学力証明がある)ことが求められます。

申請書類

以下の書類をご用意ください。

留学ビザが必要でない場合
(90日以内はビザ不要)
1.申請書(お申込時に弊社より様式をお送りします)
留学ビザが必要な場合
(90日以上)
1.申請書(お申込時に弊社より様式をお送りします)
2.2”x 2”サイズの証明写真2枚
3.パスポートのコピー 一枚
4.最終学歴の卒業証書のコピー(高校・大学・大学院・専門学校等。中学不可。)一通。
5.3か月以内に発行された財力証明書(2,500米ドル以上。本人名義。)原本一通。
*財力証明書は保護者等の保証人名義でも構いませんが、その場合は保証人との関係証明のために、戸籍謄本を添えてください。
弊社手配料
コチラから。

日本のパスポートがあれば、90日はノービザで滞在が可能です。90日以上滞在する場合は、学生ビザを申請するか90日経過する前に一度出国し、再び戻ってくる必要があります。ノービザでも、1度出国すれば、90日+90日で合計180日、これを繰り返せば1年以上の滞在が可能となることもありますが、それは保証された権利ではありませんのでご注意ください。また、ノービザでは、行政手続き等において不便な面が多いので、中長期の留学をお考えの方には、ビザの申請をお勧めします。
詳しい手続きの手順はコチラ

ギャラリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です