台湾の大学進学サポート

台湾の大学に進学する方へ

多くの大学が留学生入試の合否を発表する4月~7月は、進学先が決まりこれからの台湾での学生生活に期待しながら、一方で「授業についていけるのだろうか」「台湾での暮らしに馴染めるのだろうか」と不安を感じている方も多いのではないかと思います。そういった不安を少しでも和らげるために、合格から9月の入学までにぜひしていただきたいことをシリーズでご紹介します。

台湾の大学に合格したらら(1)(2)(3)

台湾の大学に合格したら(4)/パソコンの基本操作を覚える

大学に入ると、レポート作成や調べものでパソコンを利用する機会が増えます。また、履修登録等の手続きの中にはパソコンで操作することを求められるものもあります。そのための準備として、入学までにパソコンの操作について、基本的なことができるようになっておくことも大切です。

これを、日本の大学に進学する人よりも、もっと差し迫った課題として重視して欲しいと言うのには、実は理由があります。

台湾の学生たちは、小学校の頃からパソコンの操作を学校でしっかり勉強しているからです。例えば、高雄市のある小学校のサイトでは、小学生がオンラインでパソコンの使い方を学べるようなコンテンツがたくさん公開されています。

高校生になると、タイピングのスピードを測るテスト等もあるそうで、大学入学時には、メールやワード・エクセル・パワーポイントの基本的な使い方はほとんどの人が知っているという状態です。

 

pc講座

それに比べると、日本の高校生の平均的なパソコン運用力は低いように思います。これまで、スマホでほとんどの作業をすませていた人も多いかもしれませんが、これからはどうしてもパソコンの運用力が必要になってきます。

これから進学を控え、出費もかさむ時期だと思いますが、できれば早めに自分用のパソコンを購入して少しでも使い方に慣れておくことをお勧めします。今はYouTube等で、無料で学べる講座も充実していますので、そういったものを利用することもできます。

ご自身で学ぶのが難しい方には、台湾の大学での学び方と併せて、パソコンの基本操作や台湾情報の検索方法等を学んでいただけるPAPAGOオリジナルの講座もありますので、こちらもぜひご検討ください。

 

 

 

大学進学パンフレット1

 

PAPAGO遊学村の台湾進学サポートの詳細は「PAPAGO台湾留学 大学進学ガイドブック」でぜひご確認ください。

気になられることやご不明な点は、お気軽に下記までお問い合わせください。

askingLINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です