今日の台湾(2020/03/23)

日本語:無人商店
中国語:無人商店(wúrén shāngdiàn/ㄨˊㄖㄣˊ ㄕㄤ ㄉㄧㄢˋ)

良心商店

先週の日曜日、寶藏巖(Bǎozàngyán)をうろうろしていると、台湾大学の近くにいました。
歩いて進んでいくと、ピアスやはがきを販売している無人商店を見つけました。

「良心商店」ということもあり、管理する店員さんがおらず、
正しい金額を投入して商品を持って行っているかどうかは
すべて自身の良心によって決まるという意味があります。

人手不足の際、オーナーはいても忙しくてお会計できないときもあるので、
衛生問題に基づいて、お客さん自らお金を払って、
おつりを取ってもらうというレストランを見たことがあります。
正確な金額を払っているかどうかは自身の良心にゆだねられています!

みなさんは無人商店に行ったことがありますか?どんなものを買いましたか?

〈関連記事〉
今日の台湾ー大稻埕
日中対照用語集ー台北とその周辺の観光地

【ライター】
よっちゃんアイコンソフィー(台湾人スタッフ、女性、タピオカミルクティー大好き!)

2月のカレンダー 3月のカレンダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です