【中国語学習のコツ】:yとwを中国語らしく読むために(2)

中国語学習のコツ、目次

hint3中国語のピンインを読む際に、日本人にとって難しい点を解説しています。

過去記事:「yとwを中国語らしく読むために(1)

中国語の発音をそれ「らしい」ものにするためのひとつのポイントは、音節を「カタマリ」で捉えない事なのだろうと思います。「カタマリ」で捉えると、どうしても日本語のローマ字読みや英語の読み方に引きずられてしまうから。私の読み方は次のようなイメージです。

yomikae3

前回ご紹介した「読み替えルール」をもう一度見てみましょう。(緑の文字は教科書や辞書の綴り、ピンクの文字は実際の読み方)

yomikae
これを使って、まず「y→i」「w→u」の読み替えを行い、後はその綴りをひとつずつ読んでいくのです。そうすれば、「有you3」がユーになったり、「外wai4」が「ワイ」になったりすることはなくなります。

では、それぞれの綴りはどう読めばいいのでしょうか?

大人になって始めた外国語の発音を、どうすれば「らしい」音に近づけていけるのか。人によって、いろんな方法があるのでしょうが、私の場合は、形で覚えるのが一番効果的でした。口の形、舌先の位置で調整していくのです。yとwの場合は、次のような点に気をつけます。

(yu以外)  yi  i 

口をしっかり横に引いて「イ」

w  wu  u
口をしっかり丸めて突き出し「オ」に近い「ウ」。

yu  ü
「ウ」の口で「イ」

緑の文字ピンクの文字、どちらも発音の要領は同じです。実際の発音は、以下のサイトなどでご確認ください。

中国語学習音節表(大阪大学)

続きます

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です