簡単な例文、見つけてきました。

台湾のSNS、ニュースサイト等から、中国語初心者の方にもわかりやすい例文を拾って、語句や文型の解説をしています。

 

⑥お風呂場に

SNS、ニュースサイトなど、台湾の人たちが実際に使っている中国語の中から、簡単な例文を探してご紹介しています。(このシリーズの目次はコチラから)

今日は、台湾の人気イラストレーターDuncanさんの作品から。(和訳はPAPAGO )

「たとえ火の中水の中」に含まれる範囲

緑の文字は中国語、ピンクの文字は日本語を示しています。
男:君のためなら「たとえ火の中水の中」だよ

女:浴室有一隻蟑螂
お風呂場にゴキブリがいるの

男:ボク、「たとえ火の中水の中」としか言ってないよ。

語句

1.浴室/yù shì /浴室
2./zhī/~匹
3.蟑螂/zhāng láng/ゴキブリ

語句・文法の解説

(1)【場所】+“”+【人・物事】(~に・・・がある/いる)

似たような意味を表す“”と“”は、ちょうど真逆の語順になります。

【人・物事】+“”+【場所】(~は・・・にある/いる

”でも“在”でもいいので、まずひとつだけ代表的な例文を覚えましょう。(今日の例文はあまり覚えたくないかもしれないけど・笑)。それがスラスラ言えるようになれば、“”と“”は前後の語順をひっくり返すだけです。

(2)一~
英語の“a”ほどではないけれど、中国語でも、“一(人・個・匹・枚・冊・・・)”を表す“一~”を名詞の前に置くことがよくあります。こんな“一~”は、ほとんどの場合、日本語に訳さない方が自然です。

(3)
虫や小型の動物を数える時によく使う量詞(助数詞)です。
「目・手・足・靴・靴下」等、対になっているものの片方だけを言う時にも使います。
「普通は複数だけど、それがたまたま単独になっている」というニュアンスもあるので、「形單影隻」という四字熟語で、「ひとりぼっち」という意味にもなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です