台湾の大学に進学する方へ

多くの大学が留学生入試の合否を発表する4月~7月は、進学先が決まりこれからの台湾での学生生活に期待しながら、一方で「授業についていけるのだろうか」「台湾での暮らしに馴染めるのだろうか」と不安を感じている方も多いではないかと思います。

この記事では、そういった不安を少しでも和らげるために、合格から9月の入学までにぜひしていただきたいことを、何回かに分けてご紹介したいと思います。まず、最初はこれです。

(1)注音符号を覚える

これまでの中国語学習では、ピンインを使って発音を学んできた人も多いのではないかと思います。学習の利便性を考えると、その方法は有効なのですが、これから台湾で生活する際には、ちょっと不便なこともあります。

それは、ピンインの読み書きができる台湾の人が少ないという問題です。台湾の人たちは、普段「注音符號(zhùyīn fǔhào)」と呼ばれる表音文字を使って漢字の発音を書き表します。だから、台湾人の友達ができて、中国語を教えてもらおうとしたら、この注音符号の読み書きができる方が絶対便利なのです。

また、スマホやPCの入力も、この注音符号を使う人がほとんど。そのため、大学でPCの使い方を学ぶ授業でも、注音入力が原則なのです。

9月の入学までにこの注音符号を覚えておけば、台湾での生活でも勉強でも、きっとずいぶん役立ちます。

具体的な勉強方法は、以下のページに詳しく書いていますので参考にしてください。

「ピンイン+注音符号」を目指す人のための注音入門講座1 2 3 4 5

 

zhuyin1

 

PAPAGO遊学村のサイトにほぼ毎日アップしている「今日の台湾」では、紹介する語彙にピンインと注音を併記していますので、そちらも参考にしてくださいね。

すぐに書けるようになるまでは、少し時間がかかるかもしれませんので、まずは「読める」「入力できる」を目指してみましょう!

 

台湾の大学に合格したら(2)

 

大学進学パンフレット1

PAPAGO遊学村の台湾進学サポートの詳細は「PAPAGO台湾留学 大学進学ガイドブック」でぜひご確認ください。

気になられることやご不明な点は、お気軽に下記までお問い合わせください。

askingLINE

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です