6月の端午の節句の前後には、街中でいろんなちまきが売られていますが、何と言ってもおいしいのは、一般の家庭で作られたちまき。台湾の人にとって、こんなお節句料理は特別な意味があるようです。
台湾の手作りちまき事情を日中対訳でお届けします。

zongzi1

写真左:タコ糸は10個分ずつつながってます。こうすると、人にあげたりするのに、便利なんだとか。
写真中:中には、こんなにツヤツヤのチマキが!
写真右:箸で割ると、大きな具がゴロゴロ。左側が干牡蠣、その横が角煮、そして椎茸。手前には干しエビも見えます。

 

対訳例文:端午節,當然還是粽子!(端午の節句と言えば、やっぱりちまきでしょ!)①

如果說日本人是以欣賞不同的花木、景色,來感受時節的更迭;那對台灣人而言,在一年四季的傳統節日,料理並共享不同的代表食物,就是我們感受一年四季最習慣也喜愛的方式。
花々や木々が、それまでとは違った彩りを風景に添えているのを見て、季節の移ろいを感じるのが日本人だとしたら、一年四季の伝統的な節句毎に、それにちなむ食べ物を作り、そのおいしさをみんなで分かち合うことで、季節を感じるのが台湾人の習慣だと言ってもよいでしょう。

過年圍爐、元宵吃湯圓、清明吃潤餅,轉眼就來到炎熱的端午節。也來到吃粽子的時節。
年越しの料理をみんなで囲み、元宵の「湯円(茹でたお団子)」、清明節の「ルンビン(台湾風生春巻き)」を食べたかと思うと、あっという間に猛暑の端午の節句。ちまきの季節もやってきました。

這類節慶料理,在每個家庭都有各自的偏好和小堅持。
こういった伝統的な節句料理には、その家庭ならではの好みとちょっとしたこだわりがあります。

以粽子來說,最常見的內餡就是豬肉、香菇、蛋黃。
ちまきの場合、中に入れる具の代表は豚肉、しいたけにたまごの黄身。

雖然基本配料大同小異,但在我們家以「蚵乾(干し牡蠣)」和「菜脯炒豆干」為招牌特色。
基本的な材料は、どの家でもほぼ似通っていますが、我が家ならではの自慢の具材もあります。それは、「干し牡蠣」「大根の漬物と豆干を炒めたもの」です。

続きはこちら

※この文章は、下記サイトの記事を基に、加筆・修正したものです。

banner_002

語句

端午節/duān wǔ jié/ㄉㄨㄢ ㄨˇ ㄐㄧㄝˊ/端午の節句
粽子/zòng zi/ㄗㄨㄥˋ ˙ㄗ/ちまき
更迭/gēng dié/ㄍㄥ ㄉㄧㄝˊ/交替する
轉眼/zhuǎn yǎn/ㄓㄨㄢˇ ㄧㄢˇ/またたく間に
炎熱/yán rè/ㄧㄢˊ ㄖㄜˋ/猛暑の,酷暑の
節慶/jié qìng/ㄐㄧㄝˊ ㄑㄧㄥˋ/節句、祝祭日
偏好/piān hào/ㄆㄧㄢ ㄏㄠˋ/個人的な好み
堅持/jiān chí/ㄐㄧㄢ ㄔˊ/維持する、主張を貫く
大同小異/dà tóng xiǎo yì/ㄉㄚˋ ㄊㄨㄥˊ ㄒㄧㄠˇ ㄧˋ/似たりよったり
招牌/zhāo pái/ㄓㄠ ㄆㄞˊ/看板

 練習問題

外国語上達の決め手は、語彙力増強と反応スピードUP。今日の対訳で出てきた10個の単語を、オンラインドリルで確実に覚えてしまいましょう!

links01

PAAPGOオンライン教材    ユーザー登録   ご利用規約

(問題例)

kuma_m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です