台湾華語ワンポイントアドバイス

中国語(華語)を学んでいると、入門段階から上級段階まで、なんだかよくわからなくてもやもやすることがたくさんありますね。

そこで、弊社の中国語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。検定試験対策にもどうぞ!

台湾華語ワンポイントアドバイス目次

発音編15:-nと-ngを聞き分ける方法

-nと-ngが聞き分けられないことで、自分の発音にも自信を失くしている人はいませんか?今回は、そんな方にちょっと安心していただけるアドバイスです。

QAn_ng3Q

 

 

 

【ヒント】最初から全部聞き分けようとしない!

 

 

 

QAn_ng3A

 

【解説】

「n」で終わる音と「ng」で終わる音は、どちらも「ん」に近く聞こえるので、日本人がこれを聞き分けるのは、なかなか大変です。でも、ちょっと発想を変えて、「-n」か「-ng」かではなく、上のABのような別の手がかりを意識して聞き分けると、ずいぶん楽になるのです。

ABについて、もう少し詳しく見てみましょう。

A.片方しかない

ong、iong(yong)、ün(yun)、 üan(yuan)の四つのつづりは、どちらか片方しかありません。だから、しっかりピンインを書く練習を続けていれば、「あれ?このつづりは変」と気づくようにもなります。

B.母音の音色が違う

以下の3組は、母音の音色がかなり違うので、その違いを手がかりにすればよいのです。「-n」か「-ng」かを聞き分ける必要は全くありません。


ian(yan):aが「エ」に近い音
iang(yang):aが単母音と同じ(口を大きく開けて明るいアを発音する)

aの読み分けルール


en:eが「エ」に近い
eng:eが単母音と同じ(「エ」の口で「ウ」と「オ」の中間の音を出す)


uen(wen):eが「エ」に近い
ueng(weng):eが単母音と同じ(「エ」の口で「ウ」と「オ」の中間の音を出す)
※初級段階のueng(weng)は、「翁wēng」だけ覚えておけばよい。

eの読み分けルール

 

つまり、「-n(上の段)」か「-ng(下の段)」かを聞き分けるのが大変なのは、残りの三組「an-ang」「in(yin)-ing(ying)」「uan(wan)-uang(wang)」だけということになります。

これは当面「諦める」のが得策!!!

そもそも、ネイティブだって、文脈なしにこの三組を確実に聞き分けられるのかどうかが怪しい人もたくさんいます。だから、そんなもので思い悩むより、ひとつでも多く単語や文法を覚え、それを手掛かりにして聞き取る方がずっと効率的だと思うのです。

「-n」と「-ng」については、以下のページも参考にしてください。

発音編7:-nと-ngを区別して発音する方法

発音編8:-nと-ngを見分ける方法

(2019.3.24)

 

Tocfl_popup 台湾華語の公式検定対策用参考書「TOCFL対策のポイント Band A(入門基礎級)」が完成しました! 重要な文型を整理してご紹介していますので、入門段階の簡単な教科書を終えた後の教材としても最適。台湾の中国語を本気で勉強したい方に、ご活用いただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらから。

askingLINE

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です