台湾華語ワンポイントアドバイス

中国語(華語)を学んでいると、入門段階から上級段階まで、なんだかよくわからなくてもやもやすることがたくさんありますね。

そこで、弊社の中国語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。検定試験対策にもどうぞ!

台湾華語ワンポイントアドバイス目次

発音編13:iの読み分けルール

数字の「四sì」の「i」が日本語の「ウ」に近い音になることは知っている人でも、じゃあどんな時に「i」を「ウ」に近く読むのかと聞かれると、どうでしょうか?「aの読み分け」「eの読み分け」「uの読み分け」に続く母音の読み分けシリーズの四番目は、この問題です。

QA3iA

 

 

 

 

 

【ヒント】子音一覧表の一番下の段は要注意!

 

 

 

QA3iA

 

 

 

【解説】

「i」は通常、口をしっかり横に引いて「イ」に近い音を出します。この発音をする「i」はたくさんあるので、「i」が出てきたら、とにかく口をしっかり横に引くんだ、ということだけ覚えておけばよいのです。これが上の表の①です。

②はそり舌の「i」。「zhi,chi,shi,ri」の四通りのつづりで出て来る音です。ただし、通常は、そり舌にすることだけしっかり注意すれば大丈夫。なぜなら、そり舌にした場合、口をしっかり横に引くのはとても難しいから。厳密に言うと、①の「i」とは音が違うのですが、それを特別に意識する必要はないのです。

特に注意しなければならないのは③です。「zi,si,ci」の三通りの組み合わせで出て来る「i」は、全て日本語の「イ」の口で「ウ」と発音するもの(①の「i」ほどには、口を横に引かない)。この音で読む字には、以下のようなものがあります(例)。

(1)zi:資zī 、子zǐ、 字zì、 自zì

(2)ci: 詞cí、 辭cí、此cǐ、 次cì

(3)si: 司Sī、 死sǐ 、寺sì、 四sì

これがすぐに見分けられるようになるまでは、「zi,ci,si」を見つけら、「i」の下に二重線を引いたり、赤で囲んだりして注意する癖をつけるとよいでしょう。

 

上の3種類の「i」は、次のように、子音一覧表の下の3行に相当します。

QA3i

以下の教材で発音も聞いていただけます。(28秒ぐらいから)

 

 

(2019.2.5)

Tocfl_popup 台湾華語の公式検定対策用参考書「TOCFL対策のポイント Band A(入門基礎級)」が完成しました! 重要な文型を整理してご紹介していますので、入門段階の簡単な教科書を終えた後の教材としても最適。台湾の中国語を本気で勉強したい方に、ご活用いただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらから。

askingLINE

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です