台湾華語ワンポイントアドバイス

中国語(華語)を学んでいると、入門段階から上級段階まで、なんだかよくわからなくてもやもやすることがたくさんありますね。

そこで、弊社の中国語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。検定試験対策にもどうぞ!

台湾華語ワンポイントアドバイス目次

語彙・文法編27:「水(ミズ)」と「水(shuǐ)」、どう違う?

台湾で、「水(shuǐ)」が欲しいと言うと、「水(ミズ)」とは違うものが出て来ることが多いのです。なぜでしょうか?

QAshuiQ

 

 

【ヒント】温度の問題です。

 

 

QAshuiA

 

 

【解説】

台湾の訪問先や飲食店で、飲み物は何がいいかと聞かれ「水shuǐ」と答えたら、常温より少し温かい「溫開水wēn kāishuǐ(湯冷まし)」が出て来ることが多いのです。

冷たい「水(ミズ)」を予想していると、ちょっと驚くかもしれません。

日本語には、上の図のように、ある温度以上のものを指す「湯(ユ)」という言葉があるため、日本で「水(ミズ)」と言う時には、話し手と聞き手の間に「ある温度以下のもの」という暗黙の了解が成立しているのです。

一方、人工的に冷やし過ぎたものを飲むのは身体に良くないと考える人の多い台湾では、常温かそれより少し温度の高いものが出て来るのが普通。中国では、もっと高い温度のお湯が出て来ることが多いのですが、これは気候の問題でしょうか。

詳細は以下のページをどうぞ。

「水」と言って出てくるもの

私たちが、当たり前のように使い分けている「湯(ユ)」と「水(ミズ)」も、日本語を学ぶ外国人にとっては、使い分けの難しい言葉。「いったい何度からお湯なんですか?」と聞かれたら、困ってしまいますね。この問題、誰か研究してみませんか?

(2018.12.8)

パンフ_adv台湾の大学への進学を目指していらっしゃる方には、中国語の学び方から丁寧にアドバイスしています。詳細は、<PAPAGO台湾留学 大学進学ガイドフック>p.22でご確認ください。

※お問い合わせはこちらから。

askingLINE

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です