台湾華語ワンポイントアドバイス

中国語(華語)を学んでいると、入門段階から上級段階まで、なんだかよくわからなくてもやもやすることがたくさんありますね。

そこで、弊社の中国語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。検定試験対策にもどうぞ!

台湾華語ワンポイントアドバイス目次

語彙・文法編26:その「來」は必要?

中国語で動詞の後ろによくつく「來/去」。これって、必要なのかなと思ったことはありませんか?

QAhuiQ

 

【ヒント】「他回了。」って、聞いたことある?

 

QAhuiA

 

【解説】

huí」は「帰る」という意味を表しますが、これだけで使うことは少なく、後ろに「lái(来る)/qù(行く)」や目的語等をつけるのが普通です。

①他了。Tā huí lái  le.
②他了。Tā huí qù le.
③他了。Tā huí jiā le.

これを「×他了。」と言うことはできないのです。

直訳すると「①彼は帰って来た」「②彼は帰って行った」「③彼は家に帰った」ですが、日本語では、前後の状況がわかっている時には、「彼は帰った」だけですますこともできます。逆に、「彼は帰って行った」は、普段の会話ではあまり使いませんね。

 

次のような例でも、ピンク文字の部分を省略することはできません。

④他什麼時候的?Tā shénme shíhòu huí lái de?(彼はいつ帰って来たの?)
⑤你先吧!Nǐ xiān huí qù ba!(先に帰ってて!)

なお、「你回信了嗎?-我回了。(メール返した?-返したよ。)」のように、「帰る」以外の意味の時は、単独で使うこともあります。

 

」と同じように単独では使いにくく、「來/去」や目的語を加えた方が自然という動詞は、他にもいくつかありますので、また別の機会に紹介したいと思います。

(2018.12.6)

 
Tocfl_popup 台湾華語の公式検定対策用参考書「TOCFL対策のポイント Band A(入門基礎級)」が完成しました! 重要な文型を整理してご紹介していますので、入門段階の簡単な教科書を終えた後の教材としても最適。台湾の中国語を本気で勉強したい方に、ご活用いただければ幸いです。

 
※お問い合わせはこちらから。

askingLINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です