台湾ドラマで中国語

台湾ドラマから、気になるセリフを拾って解説しています。スラング、慣用句、成語、日本語との比較、音声と字幕のズレ、文法、社会問題等、様々な角度から中国語の面白さをお伝えします!

台湾ドラマで中国語、目次

「日中対照用語集(ピンイン付):台湾ドラマの基礎用語」も、どうぞ

9.前男友不是人(5)/そろそろ

ドラマのセリフに勉強したことのある語句が出て来ると、ちょっと嬉しくなりますね。このセリフも比較的早い段階で学ぶ言葉です。

qiannanyou6
(画像はLineTV11集からお借りしました)

差不多了。
そろそろかな。

夜遅くかかって来た電話の相手から、「睡了嗎?(寝てた?)」と聞かれた時の返事です。

「差不多chàbuduō」は、「差があまりない」という意味から「まあまあ」「ほとんど」「ほぼ」等と訳されたりします。中国語の勉強を始めて、結構早い段階で覚える言葉ですね。短いセリフなので、聞き取りも楽。中国語の上達を実感できる場面かもしれません。

ただ、この例では、「まあまあ」「ほとんど」「ほぼ」は、訳語としてどれもしっくりこない。電話の相手に対して、控えめな好意を示している状況を考えて、「そろそろ」という訳語をあててみました。

このちょっと後には、こんなセリフもありました。

qiannanyou7

那我差不多該回家囉
じゃ、そろそろ帰るね。

 

実は、日本語の「そろそろ」も、「差不多」以外に、「快要…了」「就要…了」等、中国語への訳し方が何通りもあって、ちょっとやっかいな言葉です。でも、今回の字幕のような例から、「差不多」という訳語をひとつ覚えてしまえば、少しずつ表現の幅が広がりますね。ついでに、こんな例文も覚えてみたらいかがでしょうか。

我差不多要睡了。そろそろ寝るよ。
差不多該來了。そろそろ来る頃だ。

 

(2018.12.2)

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です