台湾華語ワンポイントアドバイス

中国語(華語)を学んでいると、入門段階から上級段階まで、なんだかよくわからなくてもやもやすることがたくさんありますね。

そこで、弊社の中国語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。検定試験対策にもどうぞ!

台湾華語ワンポイントアドバイス目次

語彙・文法編24:言いたいのか、言いたくないのか、いったいどっち?

日本語にも似たような言い方があるこの言葉。どんな意味かわかりますか?

QAbushiwoyaoshuoQ

 

【ヒント】親の小言が続きそうな感じ。

 

QAbushiwoyaoshuoA

 

 

【解説】

「不是我要說bú shì wǒ yào shuō」の「我要說wǒ yào shuō」は「言いたい」。それを「不是bú shì 」で否定しているので、「言いたくないけど」という意味になります。

後に不満や批判めいた言葉が続くのが普通。例えば、何度言っても部屋を片づけない子供に、親がぶつぶつ言う時の前置きに使ったりします。

こう言われたら、次の言葉を相手が言う前に、「那就別說了!Nà jiù bié shuō le!(じゃ、言うのやめたら)」と突っ込んでみるのもいいかも。それができれば、この言葉のニュアンスを完全に理解したと言えそうです。

なお、この言葉はTOCFL模擬試験問題(band Bリスニングvol.3 28)で使われています。

 

(2018.11.29)

パンフ_adv台湾の大学への進学を目指していらっしゃる方には、中国語の学び方から丁寧にアドバイスしています。詳細は、<PAPAGO台湾留学 大学進学ガイドフック>p.22でご確認ください。

※お問い合わせはこちらから。

askingLINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です