台湾華語ワンポイントアドバイス

中国語(華語)を学んでいると、入門段階から上級段階まで、なんだかよくわからなくてもやもやすることがたくさんありますね。

そこで、弊社の中国語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。検定試験対策にもどうぞ!

台湾華語ワンポイントアドバイス目次

発音編3:「不」の変調、練習方法

否定を表す「不」には、第四声()と第二声()の二種類の読み方があります。この変調がすぐにできるようにするためには、どんな練習をすればよいのでしょうか?
QAbuQ

 

【ヒント】どちらの声調で読むかを、瞬時に判断する練習をする。

 

 

QAbuA

 

【解説】

否定を表す「不」は、通常第四声()ですが、後ろに第四声の音が来た時だけ、第二声()に変調します。

この規則そのものは簡単なのですが、実は、中級レベルになってもきちんとできていない人がたくさんいるのです。でも、普段の会話でもよく使う「不」なので、どこかできちんと時間をとって、変調のトレーニングをするしかありません。

練習する際には、まずその「不」を第何声で読むべきかを明確に意識することから始めます。第四声で読むべきか、第二声で読むべきか、それを自分で瞬時に判断できなければ、瞬時に正しく変調させて発音できるはずがないからです。

そのためには、上の表のように、基本的な動詞や形容詞をたくさん集めて、その前に声調記号だけ書く練習をします。この作業が条件反射的にできるようになれば、実際に発音する際に正しく変調させるのもぐっと楽になるはずです。

次のYouTube動画では、発音を聞きながら練習していただけます。その下のアイコンをクリックしていただくと、動画で使っている練習用のファイルもダウンロードしていただけます。


練習3(1-25)
ziliao_DL_xiao

練習4(26-50)
ziliao_DL_xiao

 

基本の動詞・助動詞が全部で50個。その前に「不」をつける練習をします。資料の1枚目は読む通りの声調記号があらかじめ書いてあるもの、2枚目は自分で声調記号を書く練習をするためのもの、3枚目は動詞・助動詞のピンインも書いていないもの、と徐々に難易度を上げて練習できるようになっています。ぜひご利用ください。

(2018.11.22)

 

Tocfl_popup 台湾華語の公式検定対策用参考書「TOCFL対策のポイント Band A(入門基礎級)」が完成しました! 重要な文型を整理してご紹介していますので、入門段階の簡単な教科書を終えた後の教材としても最適。台湾の中国語を本気で勉強したい方に、ご活用いただければ幸いです。

※お問い合わせはこちらから。

askingLINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です