台湾華語ワンポイントアドバイス

中国語(華語)を学んでいると、入門段階から上級段階まで、なんだかよくわからなくてもやもやすることがたくさんありますね。

そこで、弊社の中国語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。検定試験対策にもどうぞ!

台湾華語ワンポイントアドバイス目次

語彙・文法編10:掃除するのはどこ?

日本語と中国語で同じ漢字が使われていても、意味がずれている例はたくさんあります。それが、何となくわかったような気になっていたけれど、実はよくわかっていなかったという問題につながることもあるのです。

例えばこの質問、皆さんははっきり答えられますか?

QAsaodiQ

 

【ヒント】「地」は「地面(じめん)」の意味ではありません。

 

QAsaodiA

 

【解説】

「掃地sǎodì」は「打掃 地板dǎsǎo dìbǎn」の略。「地板dìbǎn」は「床(ゆか)」です。

日本人は、「板」という文字から、何となく板をはったフローリングの床を想像してしまいますが、それだけではありません。台湾のアパートはタイル張りのところも多いのですが、それも「地板」ですし、土足で入るところでも、家の中なら「地板」です。洗面所の床ももちろん「地板」。

一方、日本人が「地」という漢字から想像する家の外の「地面(じめん)」を掃除する時には、この「掃地」という言葉は使えません。「打掃院子dǎsǎo yuànzi(庭を掃除する)」等と言います。

 

ちょっとややこしいのは、中国語の「床chuáng」は「ベッド」を意味すること。

日本語と中国語の「床」という字の使い方を整理するとこうなります。

chuang

(2018.10.31)

PAPAGOの通信講座では、発音から文法まで、日本人の方にとって難しい点をていねいに解説しています。大学進学の準備にも、検定試験対策にもご利用ください。

tsushinn_2

※お問い合わせはこちらから。

askingLINE

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です