台湾華語ワンポイントアドバイス

中国語(華語)を学んでいると、入門段階から上級段階まで、なんだかよくわからなくてもやもやすることがたくさんありますね。

そこで、弊社の中国語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。検定試験対策にもどうぞ!

台湾華語ワンポイントアドバイス目次

語彙・文法編4:台湾の「北大」って?

大学名は、どこの国でも略称をよく使いますね。では、台湾好きの日本人でも意外に答えられないこの問題、あなたはわかりますか?

QAbeidaQ

 

【ヒント】フルネームのうちどの文字が使えるかは、色々な力関係があるようです。

 

QAbeidaA

 

「臺北大學(台北大学)」も国立の有名大学ですが、やはり「學(台湾大学)」の知名度にはかないません。だから、「臺大Táidà(台大)」という略称は「臺灣大學(台湾大学)」に譲るしかなく、普通は二文字目の「北」を使って「北大Běidà」と略称されます。

同様に、以下のような略称の使い分けもあります。

學(台湾芸術大学)→「臺藝大Táiyìdà(台芸大)」
北藝學(台北芸術大学)→「北藝大Běiyìdà(北芸大)」

學(台湾科技大学)→「臺科大Táikēdà(台科大)」
北科學(台北科技大学)→「北科大Běikēdà」

なお、台湾の国立大学の正式名称には、必ず前に「國立」がつきます。

「臺」と「台」、「灣」と「湾」の書き分けの問題が気になる方は、以下のページもご参照ください。

purple_dot台・臺・湾・灣
purple_dot臺北と台北

 

(2018.10.18)

 
Tocfl_popup 台湾華語の公式検定対策用参考書「TOCFL対策のポイント Band A(入門基礎級)」が完成しました! 重要な文型を整理してご紹介していますので、入門段階の簡単な教科書を終えた後の教材としても最適。台湾の中国語を本気で勉強したい方に、ご活用いただければ幸いです。

 
※お問い合わせはこちらから。

askingLINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です