台湾華語ワンポイントアドバイス

中国語(華語)を学んでいると、入門段階から上級段階まで、なんだかよくわからなくてもやもやすることがたくさんありますね。

そこで、弊社の中国語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。検定試験対策にもどうぞ!

台湾華語ワンポイントアドバイス目次

語彙・文法編2:「有點」と「一點」、どう違う?

「有點yǒudiǎn」と「一點yìdiǎn」は、日本語に訳すとどちらも「ちょっと」。では、同じように使ってもいいのでしょうか?

20181014QA有點一點Q

実は、語順も意味も違うのです。

では、正解と解説をどうぞ。

20181014QA有點一點A

【解説】

「有點yǒudiǎn」は、通常、望ましくない意味の言葉が後ろに続きます。

例:
有點痛yǒudiǎn tòng/ちょっと痛い
有點麻煩yǒudiǎn máfan/ちょっと面倒だ
有點不舒服yǒudiǎn bù shūfu/ちょっと気分が悪い

もし、後ろに良いか悪いかの評価を伴わない言葉が続く場合、話し手がそれに対しマイナスの評価をしていることを表します。

例:
有點大yǒudiǎn dà/ちょっと大きい(から嫌だ)
有點多yǒudiǎn duō/ちょっと多い(から嫌だ)

だから、言いにくいことを相手に伝えたい場合、「有點・・・」まで言うだけで、その後に否定的な言葉が続くことを想像させることができるのです。「好hǎo/よい、漂亮piàoliàng/きれいだ、方便fāngbiàn/便利だ」等のプラスの評価を表す形容詞とは組み合わせられません。

なお、「有點」は間に「一」が省略されているので、「有一點 yǒu yìdiǎn」と言うこともあります。

 

一方、「一點yìdiǎn」は、良いか悪いかの評価はせずに、中立の立場で表現しています。

例:
大一點dà yìdiǎn/ちょっと大きい
多一點duō yìdiǎn/ちょっと多い

従って、プラスの評価を表す言葉も、「一點yìdiǎn」となら組み合わせることができるのです。

例:
好一點hǎo yìdiǎn/ちょっとよい

(2018.10.14)

 

20181012パンフレットBANNER台湾華語を本気で学びたい人のためのPAPAGO通信講座

詳細は、<PAPAGO台湾留学 大学進学ガイドフック>p.28でご確認ください。

※お問い合わせはこちらから。

askingLINE

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です