台湾ドラマで中国語

台湾ドラマから、気になるセリフを拾って解説しています。スラング、慣用句、成語、日本語との比較、音声と字幕のズレ、文法、社会問題等、様々な角度から中国語の面白さをお伝えします!

台湾ドラマで中国語、目次

「日中対照用語集(ピンイン付):台湾ドラマの基礎用語」も、どうぞ

5.必娶女人/邦題:結婚なんてお断り(5)始末書

今日は、上司に叱られる場面です。

biqu3_1
(画像はLine TVからお借りしました。)

下班前交一份檢討報告
帰るまでに、始末書を出すこと

この女性は旅行会社の営業職。成約目前の大型案件を競合他社に出し抜かれたことがわかり、その反省文を求められています。

「檢討jiǎntǎo」は、「反省する、自己批判する」という意味。日本語の「検討」とは意味がズレているので、要注意です。

ちなみに、電話の相手は「協理xiélǐ」。叱られてる彼女(副理fuùlǐ)のすぐ上の役職は「経理jingīlǐ」で、「協理」は更に上です。

台湾の会社の肩書きについては、こちらをどうぞ。

台湾で暮らしているからと言って、現実の生活で接する事ができる言葉なんて、たかがしれてます。中には、この「檢討報告」のように、一生縁がない方がいい言葉だってあるし。だから、それを補うためには、フィクションの世界で色んなことを体験するしかありませんね。

若い頃、ずっと日本で中国語を勉強しそれを使って仕事をしてきた私は、「現地で暮らしさえすれば飛躍的に中国語がうまくなる」と思っていました。ところが、実際に暮らし始めると、確かに日常会話の上達は速いけれど、仕事で使えるような中国語は、日本にいる時と同じように、意識して本を読んだり映画やテレビを見てインプットしなければ、身につかないことがわかってきます。

日本にいた時は、現地で暮らしていないという弱点を補うために、必死で本を読んだり映画を見たりしていたのですから、非日常的な語彙は、その頃の方が、むしろ増えていたかもしれません。

考えてみると「始末書」という日本語だって、日常生活で覚えた人は、少ないのでは?多分、多くの人は、テレビドラマか何かで初めて聞くのだろうと思います。(現実の世界で聞いたのが最初、って想像するとちょっと怖い!)

(2017.9.14のブログ記事に加筆修正しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です