台湾ドラマで中国語

台湾ドラマから、気になるセリフを拾って解説しています。スラング、慣用句、成語、日本語との比較、音声と字幕のズレ、文法、社会問題等、様々な角度から中国語の面白さをお伝えします!

台湾ドラマで中国語、目次

「日中対照用語集(ピンイン付):台湾ドラマの基礎用語」も、どうぞ

2.莫非,這就是愛情(20)/飯のF

ドラマなら、一時停止ができるので、中国語を発音する時の口の形もよくわかります。

mofei34
(画像はYouTube三立華劇ep13からお借りしました)

吃飯啊
ごはん食べてるよ

付き合い始めたばかりの彼氏からのLINEで「何してるの?」と聞かれ、返事をしているところです。

こんな他愛もないやりとりにも、わくわくドキドキしている二人の気持ちが、文字をひとつずつ読み上げながらゆっくり入力している様子にも現れていました。

ゆっくり発音するので、口の動きもちょっと大げさ。「飯fàn」のfは、本来下唇を少しこすりながら発音するのですが、この画像からもわかる通り、かなり深い位置からこすり始めています。

 

他のドラマでは、Uの発音の時に、唇をしっかり丸めなければならないことがよくわかる場面もありました。

必娶女人/「u」は「ウ」じゃない

中国語の発音で悩んでる方。時々、ドラマを一時停止して役者さんの口の形を確認してみませんか?(スマホでこのスクリーンショットを撮るのは、かなり苦労しましたが・・・)

(2018.7.1)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です