台湾ドラマで中国語

台湾ドラマから、気になるセリフを拾って解説しています。スラング、慣用句、成語、日本語との比較、音声と字幕のズレ、文法、社会問題等、様々な角度から中国語の面白さをお伝えします!

台湾ドラマで中国語、目次

「日中対照用語集(ピンイン付):台湾ドラマの基礎用語」も、どうぞ

2.莫非,這就是愛情(17)/赤い爆弾

ドラマのセリフには、直訳すると訳のわからない言葉も時々出てきますね。

mofei27
(画像はYouTube三立華劇ep12からお借りしました)

你們這個炸彈炸得這麼突然
(直訳)君たちの爆弾がこんなに突然爆発したのは・・・

結婚式の新郎新婦控室でのやりとりです。結婚式に参加した大学時代の友人たちが、左側にチラッと見えている新郎新婦をからかっています。

さて、なぜ「爆弾」なのでしょうか?

実は、結婚式の真っ赤な招待状「喜帖xǐ tiě」は、「紅色炸彈(hóng sè zhà dàn、赤い爆弾)」とも呼ばれいるのです(日中対照用語集/結婚式編)。式に招待されることは、「赤い爆弾」(=招待状)で、「お祝儀による出費」という被害を受けるようなもの。それを表す「被紅色炸彈炸」を略して「被炸(爆破される)」と言えば、「結婚式に招待される」という意味になります。

今回ご紹介したセリフもこんな背景を知っているとよくわかりますね。元のセリフと直訳、意訳を並べてみましょう。

你們這個炸彈炸得這麼突然
(直訳)君たちの爆弾がこんなに突然爆発したのは・・・
(意訳)こんなに急に招待状を送ってくるなんて・・・

後には「さては、おめでた??」を示唆するようなセリフが続きます。

結婚式の招待状を爆弾に喩えるなんてかなり大袈裟だけど、日本の「ご祝儀貧乏」という言葉みたいにジメジメしていないところが、台湾らしいと思いませんか?

(2018.6.28)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です