台湾ドラマで中国語

台湾ドラマから、気になるセリフを拾って解説しています。スラング、慣用句、成語、日本語との比較、音声と字幕のズレ、文法、社会問題等、様々な角度から中国語の面白さをお伝えします!

台湾ドラマで中国語、目次

「日中対照用語集(ピンイン付):台湾ドラマの基礎用語」も、どうぞ

4.荼蘼ー植劇場(2)/交叉点

今日は、動画サイトでたまたま見たこのドラマの脚本家徐譽庭のインタビューから。

o0960054013865945111

三十歲的交叉點
(30歳の交叉点)

女性が、結婚、出産、介護という生活スタイルを大きく変化させる出来事と、自分の仕事のバランスをどうとっていくか。その中で、何かを選び取れば、何かを諦めなければならない。

それは、描き尽くされたテーマではあるけれど、このドラマでは、
プランAとプランBの主人公を対話させることで、その選択の難しさをとてもうまく表現していました。

インタビューでは、このドラマを描くきっかけを、ご自身の体験も合わせて語られているのですが、その中で何度か出て来る「岔路(chà lù)」という言葉についつい自分自身のことを、重ね合わせてしまいました。

第1話の最後に収録されていたので、その後のドラマの見方も大きな影響を受けた気がします。

このドラマに関する徐譽庭のインタビュー記事もたくさんありますが、このインタビューが私にとっては一番印象的でした。

(2017.2.11のブログ記事に加筆修正しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です