台湾ドラマで中国語

台湾ドラマから、気になるセリフを拾って解説しています。スラング、慣用句、成語、日本語との比較、音声と字幕のズレ、文法、社会問題等、様々な角度から中国語の面白さをお伝えします!

台湾ドラマで中国語、目次

「日中対照用語集(ピンイン付):台湾ドラマの基礎用語」も、どうぞ

3.我和我的十七歲(2)/エリーゼのために

今日は、私の笑いのツボど真ん中の場面から。飲んでいた紅茶を噴き出しそうになりました。

1423
1413

(画像はすべてLine TVからお借りしました)

緊來緊來緊來倒垃圾
分三類 分三類
(急いで急いで急いでゴミ出して、三分別、三分別)

このセリフ、実は誰もが聞いたことのあるあの名曲にのせて歌われています。
2枚目のセリフは2回繰り返し。

さて、何でしょう?

答えは・・・

中国語の曲名は「給愛麗絲」、「エリーゼのために」です。

台湾では、毎日決まった時間に、ゴミ収集車が、この音楽を鳴らしながらやって来ます。日本のようなゴミステーションがないので、家庭ゴミは収集車が来る時間に自分で持って行かなければなりません(マンションにゴミ置き場があるところは別)。だから「エリーゼのために」=「ゴミ収集」というイメージが定着しているのです。

台湾のゴミ出し事情はコチラ

そして、このドラマの主人公の名前は「艾麗絲」。「愛」と「艾」は同じ音です。だから、「垃圾車女孩(ゴミ収集車娘)」というあだ名をつけられ、17年間この歌でからかわれてきた、という設定なのでした。

あ、でも、こちらはイジメの場面ではありません。逆に、先生にお説教された主人公を気遣っています。

このセリフがあの曲に見事に乗っかってるのが、ホントに笑えます。

ぜひ一度聞いてみてください。
(Line TV1-2 5分ぐらいから)

そうそう、「垃圾」の読み方は、台湾なのでもちろんlèsèですね。

(2017.01.11のブログ記事に加筆修正しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です