台湾華語と中国普通話の違い

【目次】
1.語彙が違う
2.同じ漢字の読み方が違う(子音・母音が違う)
3.同じ漢字の読み方が違う(声調だけ違う)
4.その他

ハンバーガー

 

台湾人同僚とハンバーガー論争をしました。もちろん、モスとマックとどっちが好きか、という話ではなく、言葉の問題です。

台湾では、なぜハンバーガーを「漢堡hànbǎo」と言うのかがずっと気になっていたから。

ハンバーグは元々ドイツのハンブルクの食べ物。だから、中国普通話では次のように言います。

汉堡(漢堡)hànbǎo:ハンブルク、ハンバーグ
汉堡(漢堡)hànbǎobāo:ハンバーガー

ところが台湾ではこうなるのです。

漢堡hànbǎo:ハンブルク、ハンバーガー
漢堡排hànbǎopái:ハンバーグ

私としては、「麵/面(パン)」を使ったハンバーガーには、「汉堡(漢堡)」の方がしっくりくるのですが、台湾の人には「baobao」という音の連続が、子供っぽく聞こえるのだとか。

気になってマクドナルドのメニューを調べてみると、中国の麦当劳のはおもしろいことになっていました。

hanbao

「ハンバーガー、チーズバーガー」の場合は「汉堡(漢堡)」、「ダブルチーズバーガー、オリジナル辛口チキンバーガー(?)」の場合は「汉堡(漢堡)」。

オイオイ・・・

名前が長くなると、「麵/面(パン)」をとっちゃうの???

外来語の訳語は、台湾の中国語(華語)と中国の中国語(普通話)で違っている例がかなりあります。その多くが、1949年以降に定着したものだからでしょう。

そして、台湾でも中国でも、マクドナルドのケースのように、その中で色んな言い方が混在してることもあります。それは外来語の宿命なのでしょうね。日本語で、「コンピューター、コンピュータ」のどっちもあり、というと同じようなものです。

ま、とりあえず、台湾では「漢堡包」を使わないということだけは、確かなようです。

(2017.10.27のブログ記事に加筆修正しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です