台湾華語と中国普通話の違い

【目次】
1.語彙が違う
2.同じ漢字の読み方が違う(子音・母音が違う)
3.同じ漢字の読み方が違う(声調だけ違う)
4.その他

そり舌かどうかの違いが、辞書にも反映されている!

注音やピンインで文字入力をしようとしても、時々、目指す漢字が変換候補に出てこないことがあります。時には、その原因が、台湾と中国の発音の違いということもあるのです。

例えば、こんな言葉(台湾華語中国普通話)

步驟bu4zou4/步骤bu4zhou4/手順、段取り

 

台湾では、中国に比べてそり舌の発音が少ないというのはよく知られていますが、それは発音の方法の違いだけで、辞書のつづりはほとんど共通(例えば”是”の場合、台湾でもピンインはshi4)。だから、こんな風に辞書の表記まで違うことがあるなんて、最初は想像もしていませんでした。

ところが、私が使ってるスマホでも、繁体字の時はzou、簡体字の時はzhouと入力しないと、「驟/骤」の漢字が変換候補として出てこないのです。

最初に簡体字で中国語を勉強し、「骤zhou4」というピンインに自信もあったた私は、繁体字でどうしても変換候補にこの文字が出てこなかった時は、かなり戸惑いました。

オンライン辞書の定番「漢典」を見ると、この違いが一目瞭然です(下の「國語辭典」は台湾教育部の辞書を参照したもの)。

buzou

実は、もっとびっくりする例もあるのです。

それは、台湾ではそり舌なのに、中国ではそり舌では読まない漢字!

みなさん、何かお分かりでしょうか?

正解は、こちらのページでどうぞ。

(2018.5.3)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です