台湾ドラマで中国語

台湾ドラマから、気になるセリフを拾って解説しています。スラング、慣用句、成語、日本語との比較、音声と字幕のズレ、文法、社会問題等、様々な角度から中国語の面白さをお伝えします!

台湾ドラマで中国語、目次

今日は、台湾で暮らし始めて、「あ、中国と違う」と思った言葉のひとつです。

借過!(jièguò)/すみません。通してください。

1400

(画像は全てLine TVからお借りしました)

混雑したバスや電車で、下りたい時によく使われる言葉ですが、このドラマでは、敵対する部署のメンバーを、わざとかき分けて通る際に、嫌みったらしく使われています。

バス等を下りたい時、中国では、「请让一下!」「不好意思!」等いくつかの言い方があったような気がするけど、台湾では、申し合わせたようにみんな「借過!」を使うので、当初はそれがとても新鮮でした。

スーパー等の通路を塞いでいる人に、「ちょっと通してください」という時にも使います。

 

この場面のような社内での勢力争いも、台湾ドラマでは大袈裟に描かれることが多い。でも、とてもわかりやすい対立構造なので、中国語のニュアンスを学ぶのにも最適です。

(2016.10.21のブログ記事に加筆修正しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です