台湾ドラマで中国語

台湾ドラマから、気になるセリフを拾って解説しています。スラング、慣用句、成語、日本語との比較、音声と字幕のズレ、文法、社会問題等、様々な角度から中国語の面白さをお伝えします!

台湾ドラマで中国語、目次

「日中対照用語集(ピンイン付):台湾ドラマの基礎用語」も、どうぞ

1.後菜鳥的燦爛時代/邦題:華麗なる玉子様(2)/好きと言えないから?

 

今回は、日常会話ではあまり聞かないけれど、台湾ドラマではよく聞くこの言葉です。

欣賞(xīnshǎng)/高く評価する、気に入っている

houcainiao2
(画像はLine TVからお借りしました)

後姿の方の有能な秘書愛莎が、「真的欣賞我能力的老闆/本当に私の能力を認めてくれたボスは・・・」と言ってます。

この「欣賞」の使い方、一見普通に見えるのですが、日常生活ではあまり聞きません。それなのに、台湾ドラマには、しょっちゅう出てくるのです。この場面もそうだし、「愛上哥們・アニキに恋して」にも何度も出てきました。

台湾人同僚に聞いてみても、やはり日常生活ではあまり使わないとか。
じゃあ、ドラマではなぜよく出てくるのでしょう?
実は私が想像した理由があったのですが、それが台湾人同僚の見方と完全一致!どんな理由かと言うと・・・

本当は「喜歡(xǐhuān)/好き!」と言いたいのだけど、諸事情があってそれが言えない、もしくは自分でその気持を認めたくない。だから、ちょっとカッコつけて「高く評価してる」と言ってる!

男女の間で、恋愛に発展するかどうか微妙な段階、もしくは一方だけの思いが強く、相手とのギャップがある場合に、「恋愛関係じゃないよ」を象徴する言葉として使われることも多い気がします。

上の場面の「外見で評価するのではなく、本当に私の能力を認めてくれたのは彼だけ」というセリフは、表面上は喜んでいるように聞こえるけど、「女性としても認めて欲しい」という本音と対比して考えると、ちょっとイタい。

「愛上哥們・アニキに恋して」でも、「喜歡/好き!」が使えない複雑な事情があったし。そんな風にやせ我慢して、カッコつけてる感じがこの言葉には似合うから、ドラマ向きなのかな、と思うのです。

台湾ドラマでこの言葉が出てきたら、「本当は”好き!”って言いたいのかな?」と想像してみるといいかもしれませんよ。

(2016.10.16のブログ記事に加筆修正しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です