台湾ドラマで中国語

台湾ドラマから、気になるセリフを拾って解説しています。スラング、慣用句、成語、日本語との比較、音声と字幕のズレ、文法、社会問題等、様々な角度から中国語の面白さをお伝えします!

台湾ドラマで中国語、目次

「日中対照用語集(ピンイン付):台湾ドラマの基礎用語」も、どうぞ

1.後菜鳥的燦爛時代/邦題:華麗なる玉子様(1)/ひよっこ

最初にご紹介するのは、この言葉。

菜鳥(càiniǎo)/ひよっこ、新米、駆け出し

ドラマの冒頭で、タイトルにある「後菜鳥(hòu càiniǎo)」という言葉の定義が出てきます。
houcainiao1
(画像はLine TVからお借りしました)

この字幕の後に、「菜鳥」の反義語「老鳥(lǎoniǎo)」を組み合わせ、「新米でもベテランでもない中途半端な立場」を指すのが「後菜鳥」だと説明されているのです。

有人把這種已經不是菜鳥卻又不是老鳥……。

 

入社後数年経ち、新人の頃の初々しさや仕事に対する意欲・期待感を失くしてしまってる。でも、一人前にバリバリ働けるほどの力もない。そんな社員を象徴する言葉のようですね。日本語に訳すのは少し難しいのですが、「新米以上一人前未満」という感じでしょうか。

この言葉、このドラマの造語かと思ってましたが、調べてみると、数年前の記事に詳しい説明もありました。別記事で少し詳しく紹介していますので、よろしければこちらもどうぞ。

 「”後菜鳥”の時代ー新米でもなくベテランでもなく」

 

中国語の「鳥」には、他にもおもしろい使い方があります。例えば、こんなことわざ。

笨鳥先飛(bèn niǎo xiān fēi)/のろまな鳥は先に飛び立つ

自分のことを謙遜する時に使います。覚えたての頃、ずいぶん使った記憶がありますが、最近は自分では使いません。これが謙遜で通じるのは、学生時代だけのような気もします。

鳥つながりで、もうひとつ。

早鳥(zǎoniǎo)/早割

次のような言葉と組み合わせて使います。

早鳥票(zǎoniǎo piào)/ 早割チケット
早鳥優惠(zǎoniǎo yōuhuì)/早割特典

④は飛行機等でおなじみですね。⑤は旅行・ホテル等の申し込み時期や、飲食店の入店時間を限定する割引きやサービスのことです。

(2016.10.14のブログ記事に加筆修正しました)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です