台灣和日本的「斑馬」不一樣!?

 

最近和日本朋友聊到,只要遇到下雨天,台灣的馬路就很容易讓人滑倒。
最近日本の友人とおしゃべりをしているときに話題になったのが、雨の日には台湾の道路は滑りやすく、すぐ転んでしまうということ。

 

這是因為斑馬線的噴畫方式有所不同而導致的。
それは、横断歩道のラインの塗装方法が違うからです。

 

雖然我也曾經在路上跌倒過,但是從來沒有注意過台灣和日本的斑馬線有不同。
わたしも以前道路で転んだことがありますが、今まで一度も、台湾と日本の横断歩道の線(シマウマ線)が違うかも、なんて気にしたことはありません。

 

上網了解了一下以後,才發現,原來台灣和日本在路上噴畫的路標或斑馬線等的方式完全不一樣。
インターネットで調べてみて納得。台湾と日本では、道路の標示や横断歩道のラインなどの塗装方法が全く違っていたのです。

 

台灣用的噴漆法是一種叫做「熱拌漆」的方法。將白色的漆噴在路上後,就會像貼了一層東西一樣凸起來。
台湾の塗装方法は「ホットミックス」と呼ばれ、白色の塗料を路上にスプレーすると、そこが何かを一層分貼り付けたかのようにぷくっと盛り上がります。

 

但是日本是用「噴射式」的方法,白色的漆會溶入柏油路裡,不會凸起來。
一方、日本は「噴射式」と呼ばれる方法で塗装されており、白い塗料がアスファルトの中に溶け込むので道路が盛り上がったりしません。

 

如果台灣也用和日本一樣的方法畫斑馬線及路標,也許我就不再會這麼容易跌倒了。
もし、台湾も日本と同じ方法で横断歩道のラインや道路標示を塗装するようになったら、私はもう、今までのようにすぐ転んだりしなくなるのかもしれませんね。

 

台湾と日本の「シマウマ」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です