翻訳を楽しもう!(7)/「浴室」の謎

2017.10.26

「翻訳を楽しもう!目次」

今日は、ミステリー仕立てのタイトルにしてみました。

例文はこちらです。

①我家的浴室很小。

ポイントは、「浴室」の訳し方。日本語にも同じ言葉があるからと言って、油断はできません。

yushi

このイラストもトラップです。ひっかからないでくださいね。

さあ、あなたなら、どう訳しますか?

 

解説

日本語にも「浴室」という言葉があります。でも、これは日常会話ではあまり使いませんね。例えば、「そこ」で転んだ時、私たちは何と言うのでしょうか?

最初に思い浮かべるのは「風呂(場)」。

②風呂(場)で転んだ。

なら自然ですね。でも、問題は、「風呂場」と言っても「浴室」と言っても、日本人はバスタブのついている区画を思い浮かべてしまう、ということ。

台湾では、ほとんどの場合「浴室」にはシャワーしかありません。しかも、トイレや洗面台もワンセットになっている事が多い。こんな関係です。

◎日本語「風呂場」「浴室」:バスタブ(+シャワー)
◎中国語「浴室」:トイレ+洗面台+シャワー(+バスタブ)

だから、「浴室yu4shi4」を「風呂場」「浴室よくしつ」と訳してしまうと、イメージするものが、変わってしまうのです。

「洗澡xi3zao3」も同じ。普通は、「お風呂に入る」「入浴する」と訳しますが、台湾の人にとっては、「シャワーを浴びる」の場合が大半です。
こんな風に、現実の習慣や文化が違う時、それをどこまで訳すのか、しょっちゅう悩みます。ビジネス文書であれば、注釈をつけてできるだけ正確に訳すこともありますが、あまり注釈が多いと読みにくい。

でも、その反面、丁寧に訳そうとしたことがきっかけで、それまで見過ごしていた習慣・文化の違いに気づき、ワクワクすることもあります。

 

そんなことを考えながら、今日の参考訳はこれにしました。

★うちのバスルームは狭い。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です