オリンピックの時期には、普段あまり見聞きしない言葉が連日メディアに登場します。「メダル」を表す中国語の”獎牌jiǎngpái”もそのひとつ。

「メダルランキング」なら”獎牌榜jiǎngpái bǎng”、「金メダル、銀メダル、銅メダル」は、”金牌jīnpái、銀牌yínpái、銅牌tóngpái”ですね。

jiangpai
(画像は、蘋果新聞網からお借りしました)

 

ところが、この”獎牌”を画像検索すると、意外なものもヒットするのです。

jiangpai2
(”獎牌”に関するGoogle画像検索の結果から)

 

スポーツ大会の表彰で使う「メダル」だけでなく、音楽のコンクール等の表彰で使われる「楯」も、中国語では同じ”獎牌”です。

”牌”は、”牌子páizi(看板)”や”車牌chēpái(ナンバープレート)”等、少し厚みのある板状のものを指す時に使います。麻雀パイはかなり厚みがありますが、これも”麻將牌májiàng pái”と”牌”を使って指しますね。

”獎牌”と聞くと、日本人はメディアでよく話題になる「メダル」を思い浮かべることが多いと思いますが、首からかける丸いものなのか、卓上に置く四角いものなのかを、中国語では区別していないのです。

 

同じように表彰で使う「カップ」と「トロフィー」も、中国語では区別せず、どちらも”獎杯/獎盃jiǎngbēi”と呼びます。

jiangbei
(”獎杯”に関するGoogle画像検索の結果から)

この画像にもあるような、細長くて中に何も入りそうにないものを、”~杯”と呼ぶのはどうも納得できないのですが、それが現実なので、受け入れるしかありません。

 

言葉は、この世界のものごとを分類するための記号。その分類の基準には、様々なバリエーションがあることに気づくのも、外国語を学ぶ面白さなのだろうと思います。

 

 

Tocfl_popup台湾華語の公式検定対策用参考書「TOCFL対策のポイント Band A(入門基礎級)」をご利用ください!

TOCFLの公式サイトでもご紹介いただいている教材です。

重要な文型を整理してご紹介していますので、入門段階の簡単な教科書を終えた後の教材としても最適。台湾の中国語を本気で勉強したい方に、ご活用いただければ幸いです。
※お問い合わせはこちらから。

askingLINE

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です