台湾華語ワンポイントアドバイス

中国語(華語)を学んでいると、入門段階から上級段階まで、なんだかよくわからなくてもやもやすることがたくさんありますね。

そこで、弊社の中国語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。検定試験対策にもどうぞ!

台湾華語ワンポイントアドバイス目次

語彙・文法編55:「第一次dì yī cì」と「頭一次tóu yí cì」、この違いはなぜ?

どちらも「初回」を表していますが、「一」の声調がなぜか違います。さて、なぜこんな違いが出てくるのでしょうか?

QAdi_touQ

 

 

 

 

【ヒント】数字が2以上なら、全く違う意味になる。

 

 

 

QAdi_touA

 

 

【解説】

「第~次」と「頭~次」は、間の数字が1の場合意味の違いがほとんどありません(”頭一次”は話し言葉という違いはあります)。そのため、以下のような例では両者を入れ替えることができます。

這是我第一次/頭一次來台灣。Zhè shì wǒ cì/tóu  cì lái Táiwān.これが私にとって初めての台湾です。

ところが、間の数字が2以上の時は、指している範囲が違ってくるのです。上の図を参考にしながら和訳してみましょう。

A.第次dì cì :初めて、1回目、第1回
B.頭次tóu cì:初めて、1回目

A.第二次dì èr cì :2回目、第2回
B.頭兩次tóu liǎng cì:最初の2回(1回目と2回目)

A.第三次dì sān cì :3回目、第3回
B.頭三次tóu sān cì:最初の3回(1回目と2回目と3回目)

 

では、この違いが「一」の声調の違いにつながるのはなぜでしょうか。「一」の変調ルールについては、これまでにも何度か解説していますが、ポイントだけ復習してみましょう。

台湾華語One Point Advice発音6:「一」の変調ルールの覚え方

 

順序を言う場合の「一」は、第一声のままで変調しません。従って、「第一次、第二次、第三次(1回目、2回目、3回目)」と言う時の「一」は第一声で読みます。

これに対して量を言う時の「一」は第四声か第二声かに変調します(第四声か第二声かは、「不」の変調ルールと同じ)。「 頭一次、頭兩次、頭三次(最初の1回、最初の2回、最初の3回)」の数字の部分は量を示しているので変調するのです(第四声 cìの前なので、第二声)。

なお、順序か量かの見分け方で迷った時は、「二」と「兩」の使い分けとの対応で判断してください。数字を2に変えた時に「二」になるのなら「一」は第一声、「兩」になるのなら「一」は第四声か第二声かで読みます。

 

「二」と「兩」の使い分け及び「不」の変調ルールは、以下のページを参考にしてください。
ワンポイントアドバイス:「二」と「兩」の使い分け
中国語の数字、徹底攻略:「二」と「兩」
ワンポイントアドバイス:「不」の変調、練習方法
「不」の変調、徹底攻略



hatsuon_line「中国語の発音は難しい」という声を時々聞きます。

でも、もしも本当に、「中国語の発音は難しい」と思っている人がたくさんいるとしたら、「通じる中国語の発音」は一生の財産になるのだろうと思います。

これから台湾華語の勉強を始める方も、発音の学び直しをご希望の方も、PAPAGOオリジナル教材「丁寧に学ぶ台湾華語(発音編)を利用して、ぜひ「中国語の発音の上手な人」を目指してください。

日本人の方にとってわかりにくい発音のコツや中国語の勉強方法を、日本語で丁寧に解説する通信講座もあります。


※お問い合わせはこちらから。

askingLINE

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です