台湾留学お役立ち情報

台湾留学のために役立てていただきたい情報を集めてみました。

留学用ビザの手続き(オンラインで申請書作成)

日本でのビザ関連手続きはコチラから。
台湾入国後のビザ関連手続きはコチラから。

purple_dotPAPAGOのビザ・認証手続きサポート(お問い合わせはコチラから)

種類 対象となる人 サポート料金
停留ビザ申請 語学留学(90日以上)、交換留学(半年以下) 12,000円
居留ビザ申請 交換留学(半年を超える場合)、大学・大学院進学 18,000円
卒業証明書、成績証明書等の認証 大学・大学院進学 12,000円~

※代表処手数料・宅配便料等の実費別、税別

purple_dotご自身で申請される場合は、以下の要領で申請書を作成してください。

注意:本サイトの情報は、2016年11月1日現在のものです。最新の情報は関連部署のサイト等でご確認ください。

1.申請日・申請場所を決める

申請場所が日本か台湾かを問わず、ビザ申請の際には、窓口に持参する申請書を事前にオンラインで作成しておかなければなりません。いつ、どこの窓口で申請するかを記入する欄もありますので、あらかじめ以下のサイトで場所等を確認しておいてください。(日本国内では、居住地によって申請窓口が異なります)

日本で申請する場合:台北駐日経済文化代表処⇒組織と業務
台湾で申請する場合:外交部領事事務局窓口

2.申請書を作成する

①下記の専用サイトにアクセスし、「一般簽證申請」をクリック。

https://visawebapp.boca.gov.tw/BOCA_MRVWeb/subroot/MRVWeb0_form.jsp

visa1

次の画面からは、全4ページにわたって情報を記入していく。
濃い水色部分が必須項目。
各ページ30分でタイムアウトがあるため、記入の前に必要情報を控えておくと良い。

visa2

②1 / 4ページ
国籍、ビザの申請地と種類、生年月日、婚姻状況、職業、所属する学校や企業名(日本・台湾)、本籍の住所等。※氏名はパスポートと同様のローマ字表記をする。

visa3

③2 / 4ページ
パスポート情報、滞在目的と期間、台湾現地の連絡先(学校など)、台湾人の配偶者がいるかどうか等。

visa4
4.3 / 4ページ
台湾への不法入国やオーバーステイの経験があるかどうか等。ここで一つでも「YES」があると、ビザの取得に影響がある。

visa5

5.4 / 4ページ
申請地(代表処等)に行く期日の予約、代理人申請をするかどうか等

visa6

ページ下右側の「送出(送信)」ボタンをクリックすると、申請番号が表示されるので、それを控えておく。申請書は以下のようなPDFファイルになる。

visa7

visa8

⑥申請書を印刷し、写真を貼り付けて、2枚目の下部に申請者本人が直筆でサインをする。

完成した申請書と必要書類を持参し、指定した日・場所で申請を行う。

日本でのビザ関連手続きはコチラから。
台湾入国後のビザ関連手続きはコチラから。

 

ご自身での申請が難しい方は、PAPAGOの申請サポートもご利用ください。

purple_dotPAPAGOのビザ・認証手続きサポート(お問い合わせはコチラから)

種類 対象となる人 サポート料金
停留ビザ申請 語学留学(90日以上)、交換留学(半年以下) 12,000円
居留ビザ申請 交換留学(半年を超える場合)、大学・大学院進学 18,000円
卒業証明書、成績証明書の認証 大学・大学院進学 12,000円~

※代表処手数料・宅配便料等の実費別、税別