台湾華語ワンポイントアドバイス

QA2中国語(華語)を学んでいると、入門段階から上級段階まで、なんだかよくわからなくてもやもやすることがたくさんありますね。

そこで、弊社の中国語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介します。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。

画像を使ったQ&A形式なので、ポイントがひと目でわかります。検定試験対策にもどうぞ!

 

語彙文法編:目次

1 「陳小姐」と「陳太太」、姓が必ず「陳」なのはどっち? 台湾では、結婚しても夫婦別姓が原則。でも、陳さんとか王さんとか、同じ姓の人がたくさんいるのだから、同姓の夫婦が結構いてもよさそうなのに、そんな夫婦って少ないと思いませんか?
2 「有點」と「一點」、どう違う? 日本語に訳すとどちらも「ちょっと」。では、では、言いにくいことを口ごもりながら伝えたい時に使うのはどっち?
3 「你幫我買杯咖啡吧!」コーヒー代は誰が払う? 台湾では、「幫bāng+人」の形をよく使います。では、左の例文でコーヒー代を払うのは誰でしょうか?
4 台湾の「北大」って?  日本の「北大」は北海道大学、中国の「北大」は「北京大学」。では、台湾の「北大」はどこの大学でしょうか?
5 「我的是這。」はなぜダメ?  「這是我的」はOKなのに、主語と述語の部分を入れ替えるとダメ。なぜ?
6 かゆいところに手が届いたら 他の人に背中をかいてもらう時、かゆいところに手が届いたら「そこ!」と言いますね。では、中国語では?
7 その「很」、必要? 中国語には、「很hěn」がたくさん出てきます。「その”很”って、つけなきゃダメなの?」とネイティブに聞くと、「ううん、なくても大丈夫よ」と言われたりするのですが、でもあれだけ使われているからには、きっと大切な役割りがあるはず。
8 「二」と「兩」の使い分け それまでに覚えた例を基準に、何となくこの時はこっち、この時はこっち、と判断している人も多いのでは?使い分けのルールを、一度ちゃんと整理してみませんか?
9 「我不去了」どう訳す?  「去了(行った)」の否定は「沒去(行かなかった)」。「不去了」じゃないから、間違えないで!!!・・・と入門段階で強調された人も多いかもしれませんね。ところが、時々「不去了」という言い方が出てくることもあるのです。
10 「掃地」掃除するのはどこ?  日本語と中国語で同じ漢字が使われていても、意味がずれている例はたくさんあります。この「地」もそのひとつ。
11 「好難懂」どう訳す?  「好懂」は「わかりやすい」、「 難懂」は「わかりにくい」。ではこれはどう訳せばよいのでしょうか?(TOCFL模擬試験問Band Bリスニング問題から)
12 「離」と「從」、どう使い分ける?  日本語にするとどちらも「~から」。初級段階の使い分けは、三パターンだけ覚えればOK!
13 「買一送一」が「一個買ったら一個おまけ」になる理由  コンビニ等でよく見かける割引表示です。「送」という漢字の意味が、日本語と中国語でちょっとずれていることに、気づいていますか?
14 二種類のテン  たかが「テン」とあなどってはいけません。「,と、」の違いを知ったら、文の構造がぐんとわかりやすくなるのです。
15 二種類のテンテン  「:と;」の使い分け。中級レベルの読解では必須です。
16 「比賽」に対応する日本語、いくつ言える?  自然な日本語に訳すトレーニングを重ねることで、中国語の表現力も磨かれるのです。
17 「做作業」と「寫作業」、どう違う?  どちらも日本語に訳すと「宿題をする」 。でも、並べてみると違いがちょっと見えてきませんか?
18 「作業」と「功課」、どう違う?  どちらも「宿題」と訳すことがあるけれど、二つの言い方があるということは、何か違うからではないかと疑ってみた方がよいのです。
19 「食べにくい」と言いたい時はどうする?  「難吃」には「まずい」と「食べにくい」の二通りの意味があるので、「食べにくい」と言いたい時にこれを使うのはちょっとリスキー。誤解されないためには、どう言えばいいのでしょうか?
20 「你給我一個吧。」を自然な日本語に訳すと?  「給」はよく使う動詞ですが、これを自然な日本語に訳すためには、一工夫必要です。
21 「2時」の不思議  何度も練習して使って、すっかり慣れているつもりでも、改めて考えると、本当にそれでいいのかなと悩むことがありますね。この「2時」の言い方もそうです。
22
23

 

発音編:目次

1 声調が覚えられない!どうしたらいい? 中国語は声調が大切!そんなことはわかっているけれど、なかなか覚えられないという方へ。
2 aの読み分けルール  ピンインの「a」は、「ア」に近く読むこともあるし、「エ」に近く読むこともありますね。それは、どうやって見分けたらよいのでしょうか?
3

 

 

PAPAGOの通信講座では、発音から文法まで、日本人の方にとって難しい点をていねいに解説しています。大学進学の準備にも、検定試験対策にもご利用ください。

tsushinn_2

※お問い合わせはこちらから。

askingLINE