台湾の大学進学サポート

大学進学のための中国語学習

大学・学科によって、出願までに求められる中国語力は異なっていますが、台湾の大学に進学する以上、一定レベルまでの中国語の学習はどうしても必要です。

でも、弊社にご相談に来てくださる方は、中国語の学習経験が全くないか、あってもわずかな方が大半です。そこから入学までの短期間で、中国語の力を確実につけていくためには、「台湾で学びたい、中国語をマスターしたい」という強い意欲と、「この方法で勉強を続ければきっと中国語が使いこなせるようになる」という自信が必要です。

それさえあれば、出願までの検定試験対策も、入学までのブラッシュアップも、日常会話の習得も、結果に結びつけることができます。

だから、私たちの中国語学習サポートでは、中国語の入り口に立っている皆さんに、台湾で学ぶこと、中国語を学ぶことへの期待感と自信を実感していただくことから始めます。

中国語の学習プランをお作りします!

台湾の大学への進学を決めたら、まずは、自分にとって一番難関だと思われる大学の条件に合わせて、中国語学習プランを立てましょう。

例えば、台湾大学を目指す場合、出願までの目標は、通常「TOCFLレベル4」取得となります。学科によって、出願要件が多少異なることもありますが、入学後の授業を聞き取り、レポートや試験をクリアするためには、最低でもこのレベルは必要だと思ってください。

この目標を前提にした、TOCFL受験プランとそれに向けた中国語学習プランの一例を図示してみると次のようになります。taida_TOCFL

 

zhongwen
同じ国立大学でも、出願締め切りによってはもう少し余裕を持って学習スケジュールを立てることができます。私立大学なら、出願締め切りは更に後になりますし、求められる中国語力が少し低くなるところもありますので、高校3年生になって中国語の学習を始められても、卒業の年の9月入学も可能性がぐっと高まります。

PAPAGO遊学村では、そういったお一人お一人の条件に基づき、テキストの種類とレベル、補助教材の種類や量、高校の行事等を踏まえた詳細な学習スケジュールをお作りしています。

 

中国語を学ぶのはご自身です。

でも、興味を持ちながら根気強く学び続けるためのノウハウと、確実に力のつく教材は、私たちPAPAGOにお任せください。

詳細は、<PAPAGO台湾留学 大学進学ガイドブック>でぜひご確認ください。

 

 

PAPAGOの台湾華語通信講座

高校在学中の方や、様々な事情で台湾に長期間語学留学するのは難しいという方のために、台湾の中国語を集中的に学べる通信講座をご用意しました。

大学の出願資格としても重視されることの多いTOCFL(台湾の中国語の公式検定)の模擬試験問題対策用語彙集を日本人の方のとって使いやすい教材に加工しているPAPAGOだから、検定試験対策にも自信があります!(主催団体から正式許可取得ずみ)

詳細はこちらから。

tsushinn_2

 

台湾華語ワンポイントアドバイス

弊社の中国語通信講座を受けてくださっている方からよくある質問や、誤解されやすい点を整理してご紹介しています。その背景にある現地の習慣や文化にも触れているので、きっと楽しみながら中国語の仕組みを理解していただけるはず。

画像を使ったQ&A形式なので、ポイントがひと目でわかります。検定試験対策にもどうぞ!

QA2

 

 

ご不明な点、気になられる点は、お気軽にお問い合わせください。

askingLINE