大学進学のための集中特訓も!TOCFL対策も!本気で中国語を学ぶための通信講座

tsushinn_2

台湾の中国語(華語)を本気で学びたいけれど、「今すぐ台湾で長期の語学留学をするのは難しい」という方のための通信講座です。

「オンラインレッスン+添削課題」で確実に力をつけていただけます。

TOCFL(台湾の中国語公式検定)対策用教材の日本語版等、台湾の中国語を学ぶためのたくさんの教材を作成しているPAPAGOだから、日本人の学習者にとって難しい点をしっかりおさえて指導しています。

icon_checked発音、単語、文法を覚えるのはご自身で。講師はそのサポート役に徹することで、効率のよい学習ができます。
icon_checkedYouTubeの動画オンラインドリル等、自習用の教材も充実。レッスンの予習復習をしっかりしていただけます。
icon_checkedご本人の現状に合わせて、日本人講師と台湾人講師のレッスンを組み合わせるので、受講生の方のニーズに合ったアドバイスができます。
icon_checkedご自宅で受講していただけるので、時間を有効にお使いいただけます。
icon_checked日本の中国語教室や台湾の語学学校に通われている方の集中特訓用としてもご利用いただけます。

中国語を学ぶのはご自身です。

でも、興味を持ちながら根気強く学び続けるためのノウハウと、確実に力のつく教材は、私たちPAPAGOにお任せください。

こんな方に!

 

どんなレッスン?

PAPAGO通信講座のわかりやすさと信頼性を、以下の教材でご確認ください。

 

PAPAGOのオリジナルテキスト

ていねいに学ぶ台湾華語,中国語テキスト

 

1.ていねいに学ぶ台湾華語(電子テキスト)

ネイティブの発音を聞いただけではなかなかわからない中国語の発音の要領を、ていねいに解説しています。YouTubeの動画やサイトの解説へのリンクをたどれば、豊富な練習用教材や学び方のコツにアクセスすることができます。

日本人ならではの疑問や難しさに徹底的にこだわった解説と練習方法をぜひお試しください。このテキストに従って練習していただければ、「中国語の発音は難しい!?」という誤解もきっとかなり解消されるはず!

 

 

 

 

2.TOCFL対策のポイント

Tocfl_popupTOCFLの過去問は公開されていませんので、試験の傾向と対策を知るには、実施団体である「国家華語測験推進委員会」のサイトで公開されている「模擬試験問題」が大きな手がかりとなります。

「国家華語測験推進委員会」から正式に許可を得て、模擬試験問題や公式教材「華語八千詞」を日本人の方にとって使いやすい教材に加工しているPAPAGOが、上記教材作りを通して知り得たTOCFL受験対策のノウハウをまとめました。

電子教材は、受講生の方以外にも販売しておりますので、ぜひご利用ください。

内容見本はこちらから。

 

 

 

 

その他、台湾の中国語を学ぶための無料のオンライン教材もたっぷりご用意しています。

レッスンの仕組み

【お問い合わせからレッスンスタートまで】

PAPAGO台湾華語通信講座

 

【レッスンの流れ】

PAPAGOtsushin2

 

 カウンセリングのご予約、お問い合わせはこちらからどうぞ。
askingLINE