台湾の大学進学・大学院進学サポート

合格体験記・合格実績

大学進学留学生の声弊社のお客様の第一志望合格率は、90%以上(2021年9月入学期まで)。この高い合格率は、出願先を選んでいただくまでにしっかりご相談し、目標を明確にした上で、着実に力をつけていただいた結果です。

PAPAGO遊学村のていねいで確実なサポートを、どうぞお試しください。

合格体験記はこちら

 合格おめでとうございます!(2021年9月入学、速報!)

※公開にご同意いただいたお客様のみ掲載しています

・H.S様/国立台湾芸術大学美術学系修士課程
・A.T様/文藻外語大学英国語文系修士課程(奨学金合格)

・K.I.様/国立台湾大学経済学系(奨学金合格)
・沼端ももこ様/国立台湾大学政治学系国際関係組(台湾奨学金合格)
・宮田真衣様/国立政治大学創新国際学院学士班
・K.I.様/国立台湾師範大学企業管理学系(奨学金合格)
・T.I.様/国立台湾師範大学歴史学系
・宮田真衣様/国立台湾師範大学華語文教学系
・田中莉奈様/国立台湾師範大学台湾語文学系
・須藤凱明様/国立成功大学航空太空工程学系
・大西優羽様/国立台湾科技大学応用外語系
・浜野佳苗様/国立台湾科技大学応用外語系
・森岡彩侑様/台南応用科技大学視覚伝達設計系
・松本佳奈様/逢甲大学国際企業管理全英語学士学位学程
・山嵜一花様/淡江大学国際観光管理学系全英語学士班
・石井夕陽様/淡江大学国際企業学系学士班経貿管理組
・宗像倫加様/淡江大学外交与国際関係学系全英語学士班
・松本佳奈様/銘伝大学国際企業与貿易学士学位学程
・T.S.様/東呉大学社会工作学系
・T.S.様/南台科技大学高齢福祉服務系(奨学金合格)
・S.M.様/実践大学国際経営与貿易学系(奨学金合格)
・石井夕陽様/実践大学国際経営与貿易学系
・大西優羽様/実践大学応用外語学系
・Y.T./実践大学企業管理学系
・山嵜一花様/実践大学智慧服務英語学士学位学程
・T.S.様/実践大学社会工作学系
・浜野佳苗様/実践大学応用外語学系(奨学金合格)
・宗像倫加様/実践大学智慧服務英語学士学位学程(奨学金合格)
・浦田れな様/中国文化大学日本語文学系
・石井夕陽様/中国文化大学国際貿易学系
・石井夕陽様/中国文化大学国際企業管理学系
・浦田れな様/中原大学応用華語学系(奨学金合格)
・大西優羽様/中原大学応用外国語文学系(奨学金合格)
・浦田れな様/中原大学外国学生大一不分系学士学位学程(奨学金合格)
・石井夕陽様/中原大学企業管理学系工商管理組 NEW!!
・石井夕陽様/中原大学国際経営与貿易学系 NEW!!
・宗像倫加様/中原大学応用外国語文学系 NEW!!
・宗像倫加様/中原大学外国学生大一不分系学士学位学程 NEW!!
・浦田れな様/静宜大学国際生大一博雅教育学士学位学程(FLEP) NEW!!

 その他の実績(抜粋)
国立台湾大学人類学系・政治学系国際関係組、国立台湾科技大学応用外語系、国立政治大学伝播学院・韓国語文学系、国立台湾師範大学東亜学系・資訊工程学系、国立交通大学人文社会学系、国立成功大学歴史学系、国立東華大学族群関係与文化学系、国立高雄餐旅大学国際観光学士学位学程、国立台北大学歴史学系、国立台湾芸術大学広播電視学系、国立台北芸術大学美術学系、輔仁大学社会学系・徳語語文学系、世新大学伝播管理学系・公共関係及び広告学系、東呉大学企業管理学系、中国文化大学景観学系・建築及都市設計学系・観光事業学系・国際貿易学系・美術学系・国際企業管理学系・韓国語文学系、実践大学応用外語学系・服装設計学系・建築設計学系・国際経営与貿易学系、銘伝大学応用英語学系・国際学院(旅行・観光)、中原大学応用外語学系・国際商学学士学位学程・国際経営及び貿易学系・室内設計学系・建築学系、淡江大学国際企業学系学士班経貿管理組・国際企業学系学士班国際商学全英語組・企業管理学系学士班・国際観光管理学系全英語学士班・英美語言文化学系全英語学士班、東海大学企業管理学系創業与組織領導組、逢甲大学外国語文学系、義守大学応用英語学系
※教育部台湾奨学金

台湾の大学進学、合格体験記

弊社の大学進学サポートをご利用いただき、志望校に合格された方と保護者の方から体験記をお寄せいただきました。

—2021年—
purple_dot大西優羽様:周りの方々と一緒に掴んだ合格
purple_dot大西優羽様の保護者大西由紀子様:親目線で見る、志望校合格までの軌跡
purple_dot宗像倫加様:新たな人生の開幕にあたって
purple_dotY.T.様:合格体験記
purple_dot須藤凱明様:合格体験記
purple_dotS.M.様:コロナ禍で選んだ台湾留学
purple_dot松本佳奈様:私の大学受験記
purple_dotT.S.様:台湾への第一歩!
purple_dotM.N.様:再び台湾へ!
purple_dot浜野佳苗様:新たな夢に向かって、歩き出す
purple_dotH.S.様:社会人から大学院進学、困った時にサポートをお願いするのも悪くない
purple_dotK.I.様:「楽しく」学んで志望校合格!

—2019年—
purple_dot山口葉南様:「チャレンジしてみる」というリスクの伴う行為には、可能性が溢れている
purple_dot金箱美花様:即決 台湾!
purple_dotA.T.様のお母様:カナダ留学から台湾留学へ

—2018年—
purple_dotY.T様:一番大切なのは、自分が根気よく熱意を持って努力すること
purple_dot片岡夕芽様の保護者片岡信子様:言葉にならないくらい感謝の気持ちでいっぱい

周りの方々と一緒に掴んだ合格

mark_mail 大西優羽様より

高校の時、私は勉強が嫌いで中途半端に勉強を3年間してきました。大学では自分の好きなことを勉強して、時間を有意義に使いたいと思いました。だから自分が好きな英語と大学で学びたかった中国語を同時に学べる台湾の大学に進学することを決断しました。

自分で連絡を取り初めて先生方と話したとき親身になって聞いてくださいました。PAPAGOさんで中国語を学んでもう一年がすぎました。振り返ると、なかなか中国語で意見を伝えられず悔しい思いをしたり、学習計画書や検定試験のプレッシャーに耐えられず授業で泣いてしまったりなど、大変だと感じることもたくさんありました。しかしそんなときでも頑張れたのはPAPAGO遊学村のみなさんの支えがあったからだと思います。いつも熱心に教えていただいて温かい言葉をかけてくださったり、試験に合格したときや授業内でもたくさん褒めてくださいました。周りの方々の支えがあって大学に合格できたんだなと感じています。これらの経験は中国語力の向上だけでなく、生きていく上で大切なことを学べた貴重な時間だったと思います。感じたことや感謝の気持ちを忘れずに大学でも頑張りたいと思います。

両親は私にみんなに優しく世界に羽ばたく人になるように優羽と名付けてくれました。そんな素敵な人になれるように大学では日々努力し、グローバルに活躍して、PAPAGO遊学村のみなさんに恩返ししたいです。また、金銭面を援助しながら私の夢を応援してくれた家族にも本当に感謝しています。恵まれた環境で中国語を勉強でき、大学に合格したことは本当に幸せだと感じています。

台湾留学は私にとって大きな決断でしたが、勇気を出してPAPAGOさんに相談して良かったと思いました。感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

親目線で見る、志望校合格までの軌跡

mark_mail 大西優羽様の保護者大西由紀子様より

S__93552679この度出願した三校とも合格をいただき、そのうち一校は奨学金付きの合格をいただけたということで、家族みんなで彼女の頑張りを誇りに思っております。また、非常に親身に、そして丁寧にご指導くださったPAPAGOさんの田中先生を始め、黄さん、劉さん、その他サポート頂いた皆様に日本より心から御礼を申し上げます。

まず、1)台湾進学を考えるまでの経緯、2)中国語のレッスンやサポートについてお話できればと思います。台湾への進学をご検討されている保護者の方に何かご参考になれば幸いです。

1)台湾進学を考えるまでの経緯
娘には海外の大学を選択肢の一つに入れたら?と以前より勧めておりましたが、行先については治安も比較的よく、物価も日本より安いマレーシアを勧めておりました。しかし、高校2年生頃まではあまり私の言うことは聞かず、国内の大学を複数校あげていました。高2の夏に何校かオープンキャンパスに行き、自分が行くことになる大学を模索し始めた彼女でしたが、なかなか定まりません。そうこうしているうちに高校3年生となったある日、私に「日本に行きたいと思える大学がないんだけどどうしたらいい?」と言ってきたのです。

私はやった!と思いながら、海外を勧めました。彼女の語学力、今までの英語スピーチコンテストやアメリカへの交換留学の経験を踏まえ、英語でのコミュニケーション力をより伸ばすには、日本にいてはその能力が「伸びない」と思ったからです。英語をしっかり学べる大学に行っても、日常使っているのはほぼ日本語です。一日の生活の中で英語を学び話す時間が日本でどれほどとれるでしょうか?親として子どもの願いである「いろんな言語を話せるようになりたい」という目標を叶えるためには、寂しい思いや不安も少なからずありますが、若いころのチャレンジに対して背中を押して応援してあげることが一番いいのではないかと考えたのです。

もともと中国語に興味があった彼女は海外進学先に中国を提案してきました。さすがに親としては政治的な面、環境面でかなり不安があったため、こちらからは香港や台湾を提案していました。香港もちょうど政治的に武力衝突もあった頃、一方で台湾のコロナ対応の素晴らしさをニュースで知り、また国を挙げてバイリンガル化を勧めるという取り組みにもとても感銘を受けました。親日の国という点も親としては大切な娘を送り出す場としては安心だなと思い、進学先を台湾にすることに決めました。高校3年生のGW頃のことです。

それから彼女は父親にどうして自分が国内ではなく海外に行きたいのかを伝えるために、金銭的なことや計画をまとめ、説得し、その結果助けてくださるエージェントさんを探すことになりました。自分で電話をかけ、話をし、その内容や印象でPAPAGOさんに決定。私たち親も不安もありましたが、娘が探しお世話になりたいと思ったその考えを尊重して、サポートをお願いすることとなりました。

初めてZoomでお話をさせていただいた時に、「ここなら安心だ」と直感でそう感じました。田中先生のキャリアやご実績、他の先生方の優しくフレンドリーな印象がとても安心できました。しっかりこちらの思いを聞き取り、それに合った学校を提案してくださるのはもちろん、娘の考えを尊重した上でより詳しいアドバイスを頂ける点にとても安心感を覚えました。

「より質の高い中国語を使って頂けるよう、指導陣や指導内容には自信をもってお届けしております」という言葉からも、PAPAGOさんの目指しておられるところがこちらの願いとも重なりました。もうそこからは私たち親は見守るのみ。安心して彼女へのサポートをお任せして今に至ります。

2)中国語のレッスンやサポート
当初は全く初めてのところからの中国語学習のスタートだったため、ある程度条件を満たすまでの語学力習得には時間がかかるであろうという事に加え、コロナの感染も拡大傾向にあり、海外への渡航が非常に難しいという状況もあったため、高校卒業後すぐの秋入学(2021年度入学)は諦め、少しゆっくり準備をしようかという話でした。ただ、6月頃から始めた中国語が半年ほどでTOCFLのレベル3まで取得できたため、田中先生より「奨学金申請が可能なレベルに達していますので出願されてみますか?」というアドバイスをいただき、急きょ出願に向けて動きました。

レッスンでは正しい発音の仕方や語彙を徹底的に教わっているようです。YouTubeやオンライン教材を上手く使った課題もたくさんあるため大変そうですが、現地でのコミュニケーションには力をたくさんつけてつけすぎることはないと思います。

また学習の最中でのメッセージのやり取りでは、発音面を特に褒めてくださり、「これまでに教えた数千人の学生さんの中でもトップクラスです。教えたことを丁寧に実践してくださっている様子が伝わり、こちらももっと鍛えてあげたいという意欲がわいてきます。」と非常に嬉しいお言葉も頂き、我が子と共に喜び、より中国語学習への意欲を育てて頂きました。

熱意に溢れた手厚いサポートはPAPAGOさんの大きな特徴です。ここは親としてはエージェントさん選びでは大切にしたいポイントですし、そのサポートがあったからこその娘の合格だと思っております。

一つ一つの事務的な連絡事項についても日本語の堪能なスタッフの方々から丁寧なメッセージが送られてきます。学ぶ本人はもちろんのこと、私たち親への懇切丁寧な対応は非常に有難く心強く感じました。

まだコロナの感染拡大が懸念される中ですので、なかなか入学に向けての準備は思うようには進みませんが、逆に様子を見ながら渡航準備、入学準備をゆっくりできるため、共働きの我が家にとってはいろいろ時間に余裕のある方がいいのかなとも思っております。そんな中ですので、まだまだ中国語の学習は変わらず続けることができております。

大学入学に向けてのサポートも充実しているようです。入学後のサポートもPAPAGOさんのサービスをいくつか利用する予定です。

台湾に進学をご検討されている保護者様には、PAPAGOさんでの中国語のレッスンと進学サポートを強くお勧めいたします。

新たな人生の開幕にあたって

mark_mail 宗像倫加様より

私が台湾留学を決意したのは高校三年生の2月でした。つまり、それまでは日本の大学への進学を真剣に考えていました。台湾の留学を志す契機になった出来事は言うまでもなく、第一志望の大学の受験失敗です。私は大学受験の軸として、留学が必ずでき、尚且つ心から行きたいと思える学科しか受験しませんでした。そのため、日本の大学は第一志望しか受験せず、その大学以外で自分のしたいことや学びができるのは海外大学しかないと思っていたので、受験に失敗したら海外大学に行こうと心に決めていました。

台湾を留学先として選んだのは、高校時での台湾の学生との交流や、大学生と協働する機会を通して、台湾人や国柄の素晴らしさを感じていたのが大きな理由の一つです。また、台湾の大学では安い学費で質の高い教育を受けることができ、以前から台中問題をはじめとする国際問題に関心を抱いていた私には、台湾で学ぶことにとても魅力を感じました。さらに、コロナ禍での留学となるので、国選びをする際に「安全性」が第一条件としてありました。その点、世界的に見て感染者数が少なく、地理的にも日本と近い台湾は比較的安心して留学できる国だと感じたため、それが台湾を留学先として決めた決定打となり、台湾留学を決意しました。

PAPAGOさんとの出会いは今年の3月で、同じ台湾留学を志望する友人からの紹介で知りました。初めはエージェントの力を借りず全て自力で行おうと思っていましたが、海外のこととなると情報が不透明で、何の知識もない状態だったのでエージェントの力を借りることにしました。しかし、台湾留学やエージェントを利用することを決意したのが遅かったので、様々な準備を急ピッチで進める必要がありました。それにも関わらずPAPAGOさんは、私が置かれている状況を理解し、丁寧かつ親身に説明していただいたり、頻繁に質問・相談に乗ってくださりと、とても助けられたことを覚えています。

特に大学に出願する資料の一部である、留学計画書(Study planや Autobiographyを含めたもの)の添削指導は大変助かりました。私は全5学科、それぞれ異なるタイプの学科に出願しましたが、文章面、言語面、構成面、全ての観点からどの資料も丁寧に添削していただき、最終的に満足のいく文章に仕上げることができたのは紛れもなくPAPAGOさんのおかげであると感じています。

また、中国語のレッスンに関しても魅力がたくさんあります。一点目は、台湾人と日本人の先生から学ぶことができるので、ネイティブの感覚や発音を知ることができると同時に、日本人目線のわかりやすい説明で理解を深めることができます。二点目は、マンツーマンレッスンのため、自分のレベルや状況に合った授業を受けることができ、無理なく楽しく学ぶことができます。

PAPAGOさんのサポートを受けたことで、私が一番に希望していた志望校に合格できましたし、スタッフ方々の優しさに何度も救われました。PAPAGOさんと出会い、自分の人生の一部を一緒に作るお手伝いをしていただけて本当に良かったなと心の底から思います。ありがとうございました。

本来私は日本の大学進学を志していましたが、今、将来自分が台湾の大学で生活しているところを想像するとワクワクとドキドキで胸がいっぱいです。人生何が起きるか誰にも分かりませんが、自分の身に起こること、全て意味あるものだと思っています。なので、今では日本の大学進学に全く未練を感じていません。これからは、たくさんの希望と目標を胸に、台湾で輝けるように努力し続けたいと思います!

合格体験記

mark_mail Y.T.様より

PAPAGOさんには、台湾に進学しようと決めてから合格するまで常にお世話になりました。

中国語はゼロから約半年ご指導していただきました。最初は、日本でオンラインでのレッスンで、台湾に来てからは対面でレッスンでした。オンラインでも授業の内容等は、対面に引けを取らないもので、語学学校に入ってからも割と早く中国語での授業に慣れることができ、TOCFLでの結果でも学習の効果が実感できました。

また大学入学に関しても、学習目的に適した大学を台湾現地での評価をもとに的確にリストアップしていただき、入学書類も書き方や修正、翻訳のアドバイスなどとても細かくしていただきました。

個人でも出願するのに比べ、PAPAGOさんのおかげで出願や違った環境での生活の不安や手間を軽減して安心して入学に備えることができたと思っています。新型コロナウイルスの影響がある中でのビザの申請などに関して、最新の情報を教えていただいた事もとても助かりました。

PAPAGOさんにサポートしていただき本当に良かったと思っています。大変お世話になりました。

合格体験記

mark_mail 須藤凱明様より

私は小学校3年生と5年生のときに台湾に留学し、基礎的な台湾華語を学習しました。その段階では台湾への進学は考えておらず、台湾華語は就活時のアピールとして使える程度だと考えていました。

PAPAGOさんとの出会いは、大学受験を控えた高校3年生の時、日本の志望校と志望学部が固まってきた頃でした。台湾に進学しようとしている知人から台湾の進学も視野に入れてはどうかとアドバイスをいただきました。なるほど、私の志望する航空宇宙学は台湾の大学にもあり、中国語や英語でこの分野を勉強すれば、より広い視野で航空宇宙学を学ぶことができる。また、台湾の中でもレベルの高い大学を希望すれば、レベルの高い授業を受けることもできる。と考え、台湾の大学も出願することに決めました。台湾の大学の出願方法など、全くわからない状態でしたが、知人の方がサポートしていただいているという、PAPAGOさんを紹介していただき、出願に向けて準備することになりました。

学習したい領域はすでに決まっていたので、それを伝えたところかなり多くの大学をリストアップしてくださり、それぞれの大学の特性などについて説明してくださいました。

出願資料の中で、重要且つボリュームが大きいのが自己PR書と学習計画書です。それぞれを3000字程度の日本語で書き、PAPAGOさんに添削してもらい、それを中国語に直して、またPAPAGOさんに添削してもらい、提出するという流れでしたが、日本語と中国語の文章どちらも、何度も丁寧に添削していただきました。そして、このことが合格に繋がったと感じています。

大学に合格した後も、コロナ禍ということもあり厳しくなった入国等の条件や必要資料についてきめ細かくアドバイスをしてくださっており、アフターサービスもとても充実していると感じています。

1年前は台湾に留学するなんて思いもしなかった自分が、PAPAGOさんのサポートを頂き、台湾に留学することができます。4年後の卒業後の選択肢も、台湾に留学することによって、より広がると考えています。今から台湾留学生活が楽しみです。有難うございました。

コロナ禍で選んだ台湾留学

mark_mail S.M.様より

私は高校を卒業してから1年間、台湾で語学留学をしていました。

そして、コロナが流行り出し、1年前に帰国してから大学進学するか就職するか悩んでいました。ですが、コロナの影響で就きたい職業に就けないのではないかということから大学進学を決意しました。

以前語学留学をした際は他社の留学エージェントにお願いをしていましたが、サポートがあまり良くなかったので今回は当時から知っていたPAPAGOさんに決めました。正直自分の住んでいる地域にオフィスが無く、顔を合わせてお話しできない所から少し不安がありましたが、前回利用したエージェントの問題点を話し心配だという旨を伝えたところ丁寧に対応して下さいました。サポート内容についての説明や大学選考のサポートも丁寧で適切なアドバイスを多く頂いたおかげで自分の行きたいと思える大学を見つける事ができました。上手くかけるか心配だった学習計画書についても丁寧な説明とアドバイスをいただき、無事志望校に合格することができました。

とても親身に指導して下さり、安心して受験に取り組む事ができました。PAPAGOさんにサポートをお願いして良かったです。

ありがとうございます。
引き続きお世話になります。

私の大学受験記

mark_mail 松本佳奈様より

私は高校に入学した当初から海外大学への進学をしたいと思っていましたが、具体的にどこに行くのか、どの大学なのか、何を勉強するのかなどは全く決まっていませんでした。そんな時に学校の先生から短期留学を勧められ、留学先として選んだのが台湾でした。

第三言語として中国語を習得したいと思った私が中国語を学ぶために中国ではなく台湾を選んだのは、私にとって台湾がより身近な場所であったからです。私が在籍していた高校では修学旅行先として台湾訪問のコースが設けられ台湾の文化について知る授業があったことや、台湾の高校生が交流に訪れるなど、以前から学校で台湾について知る機会が多くありました。そのため「中国語を学びたい」となった時に、真っ先に浮かんだのは中国ではなく台湾であり、私が学校で学んだ台湾という場所やその文化を実際に見て経験したいと思いました。

「台湾を知る」ことを目的としたこの留学で、台湾の歴史や文化、出会った台湾の人々の優しさに触れて私は台湾にとても大きな魅力を感じました。また、台湾人の大学生や中国語の先生から、台湾の大学の国際性や全英語課程では国際社会で活躍するために必要な英語能力と中国語能力を身につけることができる環境があることを知り、台湾の大学への進学という選択肢を考えるようになりました。

PAPAGOさんと出会ったのは高校2年生の秋のことです。台湾の大学への進学を決意したのはいいものの何から手をつければいいのか分からず、ましてやもろくに中国語も分からないまま自力で出願するには無理があると思った私は、大学進学をサポートしてくださるエージェントを探すことにしました。何社か連絡させていただいた中でもPAPAGOさんはLINEで問い合わせをしてすぐに返信があり、翌日には電話でカウンセリングをしてくださいました。台湾現地から台湾人と日本人のスタッフの方々がサポートしてくださること、志望校の選定から出願のサポートだけでなく、合格後のサポートまでしてくださること、オンラインでの中国語のレッスンなどについて丁寧に説明してくださり、安心感と信頼を抱くと同時に自分の中で今まで停滞していた台湾の大学への進学のビジョンが大きく動くのを感じました。

志望校の選定では私の希望に合った大学を選んでくださり、大学について詳しい説明をしてくださいました。台湾人のスタッフさんが台湾の方だからこそ知り得る大学の評判や校風について教えてくださるのも、現地に拠点を置くPAPAGOさんだからこそできるサポートだと思います。私は途中で志望学科を変更したのですが、その際もまた新たに大学を選定し、丁寧な説明をしてくださったのがとても心強かったです。そのおかげで自分に合った大学を見つけることができました。

出願書類の準備でも必要な書類や手順を示して出願の計画を立ててくださったので、スムーズに出願することができました。英語の自己PR書と学習計画書の作成では、まず初めに日本語での文書を書き、それを添削していただき、英語に翻訳して、またそれを添削していただく、というふうに段階を踏んでの作成だったので、無理なく一歩一歩着実に準備を進めることができました。内容についても、私の強みを引き出せるような添削やアドバイスをしてくださいました。こうした親身で手厚いサポートのおかげで2つの志望学科に両方とも合格することができました。

また、週に2回ほどオンラインでの中国語のレッスンにもお世話になりました。台湾の大学に進学することを決めてから地元の中国語教室でレッスンを受けてみたりしていたのですが、学校が終わった後に遠くの教室まで通うのが大変だったり、グループレッスンだとなかなか自分のペースで勉強できませんでした。しかしPAPAGOさんのオンラインレッスンは1対1の授業なので自分のペース、レベルで授業を進めることができます。主に日本人の先生が詳しい文法や和訳を教えてくださり、台湾人の先生が会話の練習やリスニングの指導をしてくださるので、満遍なくスキルを上げることができるバランスの良い授業スタイルだと思います。そして何よりも、先生方が皆さんとてもフレンドリーで楽しくレッスンを続けることができるのが最大の魅力だと感じています。毎回レッスンが始まるたびに「元気ですか?」と笑顔で声をかけてくだるので自然と笑顔が移り、緊張しがちな私もリラックスしてレッスンすることができています。

PAPAGOさんと一緒に進学準備を進める中で、台湾での大学生活や将来の道筋がより具体的で明確なものになったと思います。私一人ではここまでたどり着くことはできませんでした。応援し、サポートしてくださったスタッフや先生の皆さん、本当にありがとうございました。入学まであと数ヶ月ですがこれからもよろしくお願いします!そしてこれから台湾の大学への進学を目指す方、明るい未来を祈りつつ応援しています:)

台湾への第一歩!

mark_mail T.S.様より

私がPAPAGOさんに出会ったのは、昨年2020年10月です。以前から台湾が好きで、台湾にはこれまでに6回旅行に行ったことがありました。

私が台湾を好きになったきっかけは、たまたまインターネットで見つけた台湾のドラマでした。それまで特に趣味もなかった自分が初めて夢中になって見ることができたドラマでした。それからは、日本にある中国語教室に通いながら中国語を少しだけ勉強していました。おかげで台湾旅行に行ったときにちょっとしたコミュニケーションを取れるようになりましたが、あくまで趣味の範囲であり、自分が台湾の大学に通うことになるとは夢にも思いませんでした。旅行やドラマを通して台湾という国に対して漠然とした憧れは持っていたのですが、今ひとつ踏ん切りがつかない状況でした。そんなときに何気なく何社かの留学サポート会社にメールを送ってみたのですが、その中でもPAPAGOさんはとても親身になり私の話を聞いてくださいました。

私の中のふわふわとしていた想いが、PAPAGOさんとの出会いによって大学への進学というより具体的な目標に変わりました。それからは、中国語の勉強と大学進学への準備を進めていきました。私は夜勤の仕事もあるため毎回空いている時間が異なるのですが、毎月しっかりと授業のスケジュールを組んで頂きました。また、台湾の大学や学部に関しても現地のスタッフの方から1校1校丁寧に説明をして頂き、より具体的なイメージを持って大学を選ぶことができました。

そして、PAPAGOさんと出会ってから約半年後の2021年5月に無事に大学に合格することができました。

仕事をしながらTOCFL試験の対策、大学への出願書類を準備することは、私1人の力では絶対になし得なかったことだと思います。30歳を過ぎて外国の大学に進学するということに関して、全く抵抗がなかったと言えば嘘になりますが、背中を押して頂いたPAPAGOさんにはとても感謝しております。台湾の大学進学後も、これからの自分の挑戦がうまく行くように精一杯努力していこうと思います。

この場を借りてお礼を言わせて頂きます。本当にありがとうございました。

再び台湾へ!

mark_mail M.N.様より

私は高校2年時、花蓮県にある姉妹校へ交換留学生として1年間留学していました。もともとは日本の大学へ進学する予定でしたが、台湾華語や文化・社会についての学習を1年の留学期間のみで終わらせたくないと思い、台湾への大学進学を考え始めました。

PAPAGOさんとの出会いは高3の夏休みが終わる頃でした。自分が地方在住だということもあり、予備校やエージェントへのアクセスがないと諦めていたため、最初は高校の先生の協力などを得て自力で出願しようと考えていました。しかし、出願時期が近づくにつれ不安も大きくなり、いざやってみようと思ってもどこから手をつけていいか分からない状態でした。中国語能力も十分でないと自覚していたため、どこかいいオンラインでサポートしてくれるところがないかと検索をかけたところ、出てきた中でピンときたのがPAPAGOさんでした。問い合わせしてすぐに返信をいただき、LINEや電話でカウンセリングをして、1週間も経たないうちに中国語レッスンがスタートし、サポートの手厚さに安心したのを今でも覚えています。

私の場合、8〜12月にかけて、週に3回オンラインでレッスンをしていただきました。1年留学していたとはいえ、私は当時語学学校でずっと中国語を学んでいたわけではなく、現地の高校に通いながら大部分を感覚で習得していたため、私の中国語は”なんとなく”の中国語だったと思います。改めて台湾人・日本人の先生方に発音も1から徹底的に教わったことで、帰国後約1年間退化し続けていた語学力も少しずつ鍛え直すことができました。また、レッスンの度に出る課題で、ピンイン・和訳を書いたり、リスニングの聞き取りをすることでバランス良くいろんな部分で力がついた上、普段慣れない中国語を読み聞きすることへの抵抗もかなり軽減されました。和訳をする際、日本人の先生が少しのニュアンスの違いでも細かく丁寧に説明してくれたり、より上級の日本語の訳になるように指摘してくださいました。母国語だからこそちゃんと勉強して綺麗に正しく使おうと、語学としての日本語も意識するきっかけになりました。

大学の出願準備に関しても、PAPAGOさんは丁寧に添削やアドバイスをしてくださいます。私は将来海外で働きたいということ以外に、明確なビジョンが全く決まっておらず、出願に必要な計画書を書く際、毎回毎回途方にくれていましたが、とりあえずやってみよう、試してみようと背中を押してくださったのは先生方でした。私の志望する大学・学科を卒業した先生が運よくいらっしゃたのもとても心強かったです。

PAPAGOさんのサポートのポイントをいくつかあげてみると
・オンラインだからどこからでも授業を受けられる!地方でもOK!(ちなみに私はリンゴ県でした)
・先生方のサポートの手厚さ!本当に親身!唯一無二!
・台北拠点だから台湾に渡航してからも安心!

という感じです。他にもたくさんありますが、参考になれば幸いです。

出願準備期間にたくさんPAPAGOさんに相談して、自分自身進路についてしっかり向き合い悩んだ結果、無事に志望校に合格、台湾奨学金にも採用が決まり、今では以前よりも未来のビジョンや目標がクリアになったと思っています。PAPAGOさんのおかげで人一倍充実した受験期になりました!約1年間サポートしていただきありがとうございました!台湾でお会いしましょう!:)

新たな夢に向かって、歩き出す

mark_mail 浜野佳苗様より

約一年前、大学を休学して英語圏へ留学する予定がコロナウィルスで無くなってしまいこれから何をしようかと悩んでいました。そのときに、英語以外にももうひとつ言語を習得したいと思い、台湾留学を取り扱っているエージェントを探し始めました。そこでPAPAGOさんを見つけ、すぐラインで連絡をとり、翌日には電話で相談をさせていただきました。わたしの話を親身に聞いてくださり、その日に台湾に行き、中国語を勉強することを決めました。PAPAGOさんに相談させていただいてから、実際に台湾に入国するまで1ヶ月もかかりませんでした。わたしはもともとすぐに行動に移すタイプでもなく、またその当時のわたしはほとんど中国語がわからない状態でした。しかし、わたしが1ヶ月もかからず、ひとりで海外に渡り、新しいことに挑戦できたのは間違いなくPAPAGOさんのサポートがあったからだと思います。なにか分からないことがあり、質問をするとすぐに返信をしてくださり、解決してくださったので、不安に思うこともありませんでした。

また、中国語を勉強しよう、台湾の大学にいこうと決めてからは大学の出願条件のTOCFLの取得に向けスケジュールを組んでいただき、レッスンも受講しました。とても細く、丁寧にスケジュールを組んでいただけるので、目標が明確にわかり、モチベーションにもつながりました。PAPAGOさんのレッスンでは基礎をしっかりと固めてもらえるので、いまでも文法や発音の基礎がしっかりしていると言っていただけることも多いです。また、ひとりひとりに合わせて授業内容を考えてくださるのでとても能率よく学ぶことができました。このようなPAPAGOさんのサポートのおかげで、台湾に来てから、約半年という短い期間で大学へ出願するためのTOCFLのレベルまで達し、大学にも合格することができました。そして中国語だけでなく、大学へ出願する際は、必要書類を準備してくださったり、英語で書く自己PRも添削してくださり、最後まで丁寧にサポートしていただけました。

そしてPAPAGOさんのスタッフのみなさんはとても親切で、レッスンへ行くと、生活で困っていることはない?と聞いてくださったり、テスト前には個人ページにテストがんばってくださいねと書いてくださったりしました。また、試験に合格すると一緒に喜んでくださったのもとても印象深いです。

PAPAGOさんにサポートをお願いしてからいままで、継続して丁寧にサポートしていただきとても心強かったです。また中国語を学び始めてから約半年で大学に合格できたのもPAPAGOさんのサポートのおかげだと思います。もともとの留学が中止になり、不安を感じていたところにPAPAGOさんと出会い、わたしの新たな夢をサポートしていただけたことをとても嬉しく思います。ありがとうございました。

社会人から大学院進学、困った時にサポートをお願いするのも悪くない

mark_mail H.S.様より

私はオーストラリアの大学でデザイン学科を卒業した後、日本でイメージ全般を扱う企業に勤めていました。学生時代に台湾出身の友達が多かった関係でそれまでも台湾へは数回訪れていましたが、一昨年の中旬から仕事の関係で半年ほど台北に滞在する機会に恵まれました。その際、アートに関係する台湾の方に多くお会いする機会を多数得て、また訪れたギャラリーやエキシビションで台湾の芸術家達の現代美術における発想の自由さに感銘を受けました。その過程の中で、就職後にストップしていた自らの作品制作を再開させ、さらに学問という形を通して再び研究を深めたいと思うようになり、大学院への進学を考えました。

初めは、オーストラリアへ留学した経験から自分自身で自ら希望に沿うような大学院を選び、出願手続きをしようと考えていましたが、いざ自分で大学のホームページを見ると語学が不慣れな為か、欲しい情報が十分に手に入らないことがありました。また仕事をする傍らでの作業で時間が限られた中、正しい情報の収集と選択ができるのかと不安を感じていました。そこで何処か進学をサポートしてくれるところがないかと探していたときに知ったのがPAPAGO遊学村でした。自分は他の方々とは違い社会人を経験してからの再留学でそこも不安だったのですが、コンタクトを取り始めて以降、自分の希望に沿うような学部のある大学院のリストアップや、必要書類のサポートなど多岐にわたって助けていただきました。特に、大学院進学ということで、学習計画書や研究計画書の作成が必要だったのですが、毎週のように添削と校正などアドバイスをしてくださり大変助かりました。現代美術という狭い分野での研究なのでアドバイスが難しかったと思いますが、的確にサポートしていただいたおかげで、仕事を続けながらでも無事合格することができました。

自分自身何でも一人でやりたいというタイプなのですが、困ったときにサポートをお願いするのも悪くないと改めて考え直しました。ありがとうございました。

「楽しく」学んで志望校合格!

mark_mail K.I.様より

高校2年生の時に父親の台湾への転勤が決まり、私は二択の選択をすることになりました。日本に残りそのまま受験をする、もしくは台湾で新たな学習環境のもと大学進学を目指すというものでした。この時、まだ自分の中に明確な目標があったわけではなかったのですが、小さい頃からの夢であった言語習得ができるのではないかと思い、2020年の1月台湾へ行くことを決めました。台湾では中国語が公用語として話されている上、私の留学先はアメリカンスクールで、英語を話す環境にも身を置くことができるという、言語を習得したい自分にとって非常に良い環境でした。

台湾に来て中国語の勉強を少し始めてみたところで初めて自分の置かれている状況を知り焦りを感じました。中国語の勉強はどこから手をつければいいのだろう、なぜ私の発音は台湾人に理解してもらえないのだろう、などと様々な疑問を解決できないまま数ヶ月が経ってしまいました。

今後のことを考えて途方に暮れていた2020年5月、救世主PAPAGOさんを知りました。これまでも多くの留学生をサポートしてきたPAPAGOさんは私が台湾の大学受験に向けて何をすべきかを明確に把握し、私の能力にあった授業、宿題を課してくださり、この頃から私は中国語学習を面白く感じるようになりました。またPAPAGOさんの発音矯正もあって台湾人と少しずつコミュニケーションが取れるようになっていることを実感しました。また夏休みには中国語の語学学校入学のサポートもしていただき、充実した環境の中に身を置いて学習に励むことができました。約半年の継続的な学習の結果、2020年11月無事にTOCFL高階級を取ることができました。PAPAGOさんは大学出願必要書類の添削、提出などもとても丁寧にしてくれます。このようなサポートや学習計画のおかげで無事大学合格を勝ち取ることができました。

私は以下の二点が理由でPAPAGOさんで学習する意義を感じています。一つ目は PAPAGOさんはまず志望校やそれに向かう学習計画など具体的な目標を定め生徒に学習をさせます。これはただ生徒の決断を後押しするだけでなく、自分の今やるべきことを可視化させることで生徒のモチベーションを上げることにもつながります。二つ目は生徒一人一人に合った授業内容を先生が考えてくださることです。私は台湾現地で授業を受けていたので当然PAPAGOのスタッフの皆様にお会いする機会があるのですが、そこではいつも「〇〇さんの宿題は?」、「最近〇〇さんの授業はどう?」といった会話が聞こえてきます。こうした親身なサポートもPAPAGOさんの強みだと感じます。

最後に、私は言語学習は「楽しく」するものだと考えています。最後まで楽しく充実した学習環境を与えてくださったPAPAGOさん、両親に改めて感謝したいと思います、ありがとうございました。

「チャレンジしてみる」というリスクの伴う行為には、可能性が溢れている

mark_mail 山口葉南様より

image5私はいつも人生という限られた時間の中で何をしようかと考えます。何をすることが自身にとって一番適しているのかまだ不確かな中、ひとつ分かることがあります。それは「チャレンジしてみる」というリスクの伴う行為には、可能性が溢れているということです。私が大学進学について悩んでいた際に、母親から台湾の大学進学についての話を持ち掛けられました。当時中国語の学習歴が全くなかった私は、台湾の最高学府と呼ばれる台湾大学に進学すると盲目的に母に伝えました。そして今年の9月、私は台湾大学へ進学します。

台湾の大学進学についての情報を探している際に、PAPAGO遊学村さんの話を伺いました。PAPAGO遊学村さんには、台湾に入国するまでの事前準備から大学出願まで、台湾留学についての理解が乏しかった私を一からサポートして頂きました。スタッフの方々は、台湾、日本どちらの文化にも理解があり、両国の立場、視点から、個人の希望やペースを尊重しながらサポートをしてくれます。台湾現地にある留学会社という事で、留学生の立場としても安心感があります。また、大学出願の際には、それぞれの大学や学部の詳細まで丁寧に説明して頂き、自身に最もあった大学選びができるようサポートして頂きました。そのようなサポートのおかげで、台湾大学に無事に合格することができました。

image2台湾留学には沢山のメリットがありますが、今回私が台湾の大学進学を決断した主な理由をいくつか挙げてみます。
1. まずは、現在世界で最も話されている中国語を学べるということです。中国語を使用するビジネス市場は、台湾、中国以外にも東南アジアなどの諸国に年々広まっており、中国語が話せるというステータスは就職の際にとても有利です。台湾では英語教育にも力を入れており、英語に精通している若者も多数います。台湾留学では、中国語以外にも、英語力の向上を図ることも可能です。
2. また、台湾と日本の関係は歴史が深く、台湾の親日性の高さは留学する身からするとすごく安心感があります。
3. それと同時に、留学を通して華人の文化や価値観を学ぶことができます。最近の話だと、台湾では今年の5月から同性婚が承認されます。台湾社会では男女平等の意識が高いことも、台湾文化の特徴の一つだと思います。

私にとっての留学の醍醐味は、現地の文化や価値観が学べることだと思います。自分自身にリミットをかけず、学ぶという行為を一から見直し、学びは本来人間の純粋な希求であると知ることができます。また、留学を通して語学を学べるだけでなく、この複雑な、流動性の高い国際社会で、多文化を理解しながらどのように自分らしく生きていくか、そういった社会で生き抜く力を磨くこともできます。PAPAGO遊学村は、そのようなチャレンジ精神を持ち、自分らしい留学を探している方を全力でサポートしてくれるのでとてもおすすめです。

山口様

即決 台湾!

mark_mail 金箱美花様より

初めまして。美花と申します。私なりに合格体験記を書かせていただきます。
半年前、私はハワイにいました。元々ハワイ大学に行き中国語を学ぼうと思っていました。現地の友達に大学で何を勉強したいの?と聞かれ、いつも私は中国語!(中学一年生の時、卓球の合宿で北京へ行った時に中国語に興味を持ったのがきっかけです。)と答えていて、それならアメリカじゃなくて中国語圏に行った方がいいのでは….?と何度も言われたのを覚えています。確かに…笑 そこで台湾留学を思いついた私は、ネットで台湾留学について調べ漁りました。なぜ台湾を選んだかというと台湾人のお友達がいたからです。そして見つけたのがPAPAGOさんのホームページでした。ラインのQRコードがあり、ラインで相談できるなんてすごい!イマドキ!と思いすぐにラインを送ったところ、その日のうちに返信が来てとても感じが良かったのを覚えています。そしてホームページをみた一ヶ月後、台湾に来ていました!

ここからが本題です。以前ほんの少し日本で中国語を勉強しましたが、全て忘れていたため、一から丁寧に教えていただきました。毎日コツコツ、暗記力の悪い私ですが、丁寧にとってもわかりやすく教えてもらいました。私がPAPAGOさんでレッスンを受けて思ったことは、これぞ語学を身につける時に一番いい勉強法だ!ということです。日本人の先生に日本語で文法や間違えたところの解説をしてもらい、他の日には台湾人の先生方に会話練習をしていただけるということです。なかなか留学先で日本人の先生に教えてもらえることはないと思います。しかもとても分かりやすいのです!そして一番の魅力はPAPAGOさん皆さんの人柄のよさ、雰囲気の良さです。小さい頃から塾を転々としてきましたが、こんなに通いやすい塾は初めてです。私が第一志望大学に合格できたのは、PAPAGOさんあってこそです。本当にありがとうございました。

カナダ留学から台湾留学へ

mark_mail A.T.様のお母様より

娘は、高校2年の時にカナダに1年間留学をしました。高校がカナダでの成績を認定してくれたため3年の2学期から日本の高校へ復学しました。

カナダへ行く前は、大学はAO入試で日本の大学に進学する予定でした。ところがカナダでいろんな国のお友達ができたようで、中国語に興味を持ち始めて帰国した娘から、「大学は英語で授業ができ中国語も学べる台湾にしたい」と相談されました。まさか大学の4年間を海外で過ごすなんて考えていなかったのでびっくりしましたが、娘のしたい事をいつも信じて応援していたので、今回もその決断をできるだけ応援しようと思いました。

それからは、ネットでエージェント探しをしました。カナダの時より台湾のエージェントの数は少ないので、まずはホームページなどを見てからメールをすることにしました。日本にも事務所があるエージェント、台湾にしか事務所のないエージェント等何社かにメールをして、実際相談に都内までいきましたがなんかピンとこなくて(笑笑)。

そんな時papagoさんにラインで連絡をとったらすぐに既読になり返事がきました。そして、その数分後には電話で相談にのっていただけました。電話での対応やお話が好印象で、冬休みの短期留学をまずお願いしました。大学選びなども親身になって探して頂け、カナダ留学中の成績を、日本の高校でどのように証明してもらうか等の手続き面も、詳しくアドバイスしてもらいました。おかげ様で、娘の希望する学科のある大学に無事合格する事もできました。

papagoさんの最大の強みは、こちらからの相談や連絡に早くに気づき返信をくれることです。不安や疑問も解決することができます。ありがとうございました。

一番大切なのは、自分が根気よく熱意を持って努力すること

mark_mail Y.T様より

私は、高校二年の終わりに台湾の大学に進学する決心をしました。理由を簡潔にお話ししますと、台湾の文化や歴史、日本との関係に興味があり、大学から日本を離れて異文化や異言語に常に触れながら生活することで価値観を広げながら自分を高められると考えたからです。

私の高校から海外の大学に進学するというケースは稀で、不安ばかりで初めは右も左もわからない状態でした。私は高校三年の初め頃から中国語の勉強を地元の中国語教室で始めました。高校を卒業する年の9月に大学に入学したいと考えていましたので、夏休みなどの短い時間を利用して台湾での語学留学を考えました。短期受け入れがあり、夏休みの期間とマッチする学校が少なく困っていた時にPAPAGOさんに相談させていただきました。このことがきっかけでPAPAGOさんの大学進学サポートというものを知り、サポートをお願いするに至りました。それまでも、インターネットや説明会を利用して台湾の大学に関する情報集めをしていましたが、個人で集めることのできる情報量には限りがありました。大学進学サポートではそのような疑問点を即座に解決して頂いたり、大学の雰囲気や学部の詳細についても教えて頂いたりし、様々なことを考慮しながら大学や学部を決めていくことができました。また、TOCFLや申請書類の準備計画も細かく立てて頂き、先を見据えながら準備を進めていくことができました。一年語学留学してから大学進学される方が多い中、一年足らずでTOCFLのlevel4まで到達することができ、合わせてTOEICのスコアも申請基準まで上げることができたのは、そのような綿密な計画を立てて頂いたからだと思います。そして、無事志望校全てに受かることができました。サポートをお願いして本当に良かったと思っています。

私は現在台湾の語学学校に通いながら、9月からの大学生活に向けて準備をしています。一年前は本当に間に合うのかなど不安ばかりでしたが、目標に向かって取り組んでいくことで何とかここまで来ることが出来ました。やはり一番大切なのは、自分が根気よく熱意を持って努力することだと思います。私もまだ始まったばかりですので、一緒に頑張っていきましょう。

言葉にならないくらい感謝の気持ちでいっぱい

mark_mail 片岡夕芽様の保護者片岡信子様より

娘は日本の大学に合格していたのですが、将来の事を自分なりに考え台湾の大学に行く事を決意し、今年の3月から日本の留学をサポートしてくれる所で中国語を学び始めました。しかし、高校3年でカナダに留学していた事もあり、現地で学ぶ方が語学は身につく事を実際に体験していたので、台湾で語学学校に通いながら大学を目指すべきか悩んでいました。

そんな時インターネットでPAPAGO遊学村と出会いました。半信半疑でメールをし、ラインの電話で直接お話をさせていただきました。直接会った事がないのに親身になってお話をしていただいたり、親の思いなどしっかり理解してくださる対応に、信頼できると確信したのでお願いしてみようと依頼しました。

メールや電話でお話ししてから8日目には、娘1人で台湾へ向かいました。
語学学校の手続きからお部屋までしっかりサポートしていただき、大変心強かったです。
語学学校だけでは大学で勉強していくのは不安もあり、PAPAGOの日本人講師のプライベートレッスンを受けました。その授業はとてもわかりやすく、中国語を好きになるきっかけにもなったようでした。

滞在中、体調を崩し早朝救急車で運ばれるというアクシデントもありましたが、PAPAGOのスタッフが早朝にもかかわらず駆けつけて対応していただき、言葉にならないくらい感謝の気持ちでいっぱいでした。そんな素晴らしいスタッフのおかげで、娘は4校の大学を受験して全て合格する事が出来ました。
いろいろ細かい質問相談に一つ一つ丁寧に対応していただき、親として安心してお任せできました。

 

弊社の大学進学サポートの詳細を、<PAPAGO台湾留学 大学進学ガイドブック>でぜひご確認ください。

unicover

お問い合わせ先:

askingLINE